ギョズテペ戦で自身初のリーグ優勝を決め、ツイッターで思いを

 今年1月からトルコ1部のガラタサライに期限付き移籍中の日本代表DF長友佑都は、現地時間19日の最終節ギョズテペ戦にフル出場。引き分け以上で自優勝が決まるなか、敵地での一戦に1-0で勝利し、3シーズンぶり21リーグ優勝を達成した。自身キャリア初のリーグ優勝を果たした長友20日にツイッター更新。「サッカー選手としての誇りと、自信を与えてくれた」とガラタサライ移籍を「大正解」と記した。

 2位フェネルバフチェと勝ち点3差で迎えた最終節、引き分け以上で自優勝が決まるアウェーでの一戦は、ギョズテペ相手に緊迫した攻防となった。待望の先制点は後半21分、元フランス代表FWバフティンビ・ゴミスがPKを決めてリードを奪う。この1点を、左サイドバックとして1月の加入後リーグ戦15試合連続フル出場を果たした長友ら守備が守り抜き、1-0で勝利。ガラタサライが6連勝で、3シーズンぶり21リーグ制覇を成し遂げた。

 長友は試合後に自身のSNSチームメイトたちと優勝の歓喜に浸る様子をアップしていたが、20日に再び公式ツイッター更新めて思いをった。

ガラタサライに来る決断は正解ではなく、大正解だった。サッカー選手としての誇りと、自信を与えてくれた。決断を正解にするかどうかは日々のプロセスで決まる」(原文ママ

 7年半を過ごしたイタリアの名門インテルから、出場機会をめてトルコに新地をめた長友。左SBレギュラーを勝ち取るとともに、初のリーグタイトルを手にし、自信を取り戻してロシアワールドカップに向けて弾みをつけた。


Football ZONE web編集部)

長友はガラタサライ移籍を「大正解」と記した【写真:Getty Images】