ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
・日大アメフト部 危険タックルを命じたコーチ
・過去に同性愛ビデオに出演か?
2013年にフライデーに取り上げられる

フライデー

日大アメフト部が5月6日関西学院大学との定期戦にて、日大の選手が関西学院大学の選手に反則的な危険タックルを行い負傷させた問題で、5月22日の14時45分から加害者選手である宮川泰介選手(20)が会見を行った。

会見では反則タックルは監督の命令だったこと、監督が謝罪するのを止めたなど陳述書を読む形で語った。

反則タックルは監督とコーチの命令により指示されたとしており、その中でコーチの名前が挙げられた。会見中にコーチの名前が割れてしまい、その名前で検索すると過去に同性愛ビデオに出演していたことが判明。

フライデーが2013年に「名門・日大アメフト部を襲った『ゲイビデオ』騒動」として特集を組んでいた。X氏と名前は伏せられているが、「日大OBのX君でした」という証言も書かれている。

Twitterでも現在このコーチの名前と同性愛ビデオについて盛り上がっている。

)※(コーチのプライバシー保護のため名前は伏せています。