ヤマハ株式会社は、株式会社バンダイナムコスタジオ(以下、バンダイナムコスタジオ)のオリジナルキャラクターミライ小町」の声で歌声製作が楽しめる『VOCALOID4 Library ミライ小町』を発売します。本日よりボーカロイド公式ショップhttps://www.vocaloid.com/)にてダウンロード販売を開始します。

本製品は、ゲーム開発や研究開発で培ったバンダイナムコスタジオの技術を広く紹介していくことを目的に誕生した同社のオリジナルキャラクターミライ小町」の声で歌声製作が楽しめる「VOCALOID4」用の歌声ライブラリ※2です。

バンダイナムコスタジオサウンドチームが音声収録から歌唱データベースの制作まですべての工程を担当した製品で、同社の技術力と音声へのこだわりが凝縮された歌声ライブラリとなっています。

その芯のあるクリアな歌声は、埋もれることなく前に出るボーカルを得意としており、低音から高音までを歌いこなします。ポップスやロックなど、さまざまなジャンルで豊かな感情表現が楽しめる一本です。

製品イメージ ※1


<価格と発売日>
品名:
VOCALOID4 Library ミライ小町
品番:KOMACHI
価格(税抜):8,000円
発売日:2018年5月24日(木)

※1 ダウンロード販売のみとなります。実際の製品にはパッケージは付属しません。
※2 単体では使用できません。使用には「VOCALOID4 Editor」、または「VOCALOID4 Editor for Cubase」および「Cubaseシリーズ」のいずれかが必要です。


<主な特長>
1.バンダイナムコスタジオサウンドチームが音声収録から歌唱データベース制作まですべての工程を担当

ゲーム音響などにおいて定評を持つバンダイナムコスタジオサウンドチームの知見と技術が詰まった歌声ライブラリです。

推奨音域:G2~F4  推奨テンポ:70~200BPM

2.さまざまなジャンルを歌いこなす透明感あるクリアな歌声
クリアでハッキリとした発音と透明感のある歌声で、ポップスやロックなどさまざまなジャンルで豊かな感情表現を楽しむことができます。

3.キャラクタービジュアルバンダイナムコスタジオビジュアルアートチームが担当
これまでさまざまな人気キャラクターを生み出してきたバンダイナムコスタジオビジュアルアートチームが本製品のキャラクタービジュアルを担当しました。

4.“Mr.ドットマン”こと小野浩氏によるドット絵が購入特典として付属
Mr.ドットマン”こと小野浩氏による32×32ドットの4方向歩行アニメーション12パターン非売品)が購入特典として付属します。


バンダイナムコスタジオ公式HP ミライ小町 紹介ページ
http://www.bandainamcostudios.com/works/miraikomachi/index.html


Mac環境での使用およびその他動作条件について>
本製品は、「VOCALOID4 Editor for Cubase」と、「Cubase 9 シリーズ」「Cubase 8 シリーズ」「Cubase 7 シリーズ」のいずれかをあわせて使用することで、Windows環境のみならずMac環境でも使用することができます。
本製品は単体では使用できません。動作には「VOCALOID4 Editor」、または「VOCALOID4 Editor for Cubase」と「Cubaseシリーズのいずれかが必要となります。対応するOSやCPU、必要メモリーなどは、使用するソフトウェアの組み合わせによって異なります。詳細な動作環境については、以下のページをご覧ください。

VOCALOID4 Editor」と使用する場合:
https://www.vocaloid.com/products/show/v4e#system
VOCALOID4 Editor for Cubase」と使用する場合:
https://www.vocaloid.com/products/show/v4e_for_cubase_ai#system




VOCALOID ( ボーカロイドボカロ ) 公式サイト
http://www.vocaloid.com/
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/


※「VOCALOIDボーカロイド)」および「ボカロ」は、ヤマハ株式会社の登録商標です。
※その他の文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

配信元企業:ヤマハ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ