CL決勝で無得点も、試合後の“意味深発言”を各国メディア報道

 ノーゴールであっても、レアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドは主役でなければいられないのか――。現地時間26日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝で、レアル・マドリードは3-1でリバプールに勝利し、史上初の同大会3連覇を成し遂げた。先発出場したロナウドは、前半途中で負傷交代したリバプールエースFWモハメド・サラーを励ます男気を見せて世界中から称賛される一方、試合後には自身の去就で意味深発言を行ったと、スペイン紙「マルカ」や英公共放送BBC」などが一斉に報じている。

 この日2トップの一角に入ったロナウドは、前半15分にショートカウンターから際どいシュートを放つなど積極的に得点を狙った。ただ、それ以上に目立ったのはプレー外での行動だった。

 同25分、リバプールエースであるサラーがDFセルヒオ・ラモスともつれ合うようにして転倒し左肩を負傷。涙を流してピッチを後にする際、ロナウドはサラーを抱擁して励ました。この姿には、FIFAワールドカップ(W杯)ツイッター公式アカウントが、「偉大なるスポーツマンシップだ、クリスティアーノ・ロナウド。すぐ回復してくれ、サラー!」と絶賛するほどの名シーンだった。

 しかし、これだけで終わらないのがロナウドだ。試合終了後、フラッシュインタビューに答えたロナウドは、次のように話している。


「何が起こるか見ておこう」と最後まで意味深な言葉を残す

レアル・マドリードプレーできたのは“本当に良かった”。数日中には僕のそばに常に寄り添ってくれたファンに、あるレスポンスを届けるつもりだ」

 レアルでの栄光に満ちた日々を、なぜか過去形で表現したのだ。シーズンが終わるごとに、ロナウドレアル退団の噂が報じられるのは、もはや“お約束”となっているが、自ら切り出す形で話したのだ。当の本人は「今は選手たちの将来は重要じゃない。僕はちょっと休息して、代表チームに合流するよ。何が起こるか見ておこう」と、最後まで意味深な発言を残した。

 サッカー界が誇るスーパースターは、ロシアW杯前後のタイミングでも世界のメディアを大いに騒がせることになりそうだ。


Football ZONE web編集部)

ロナウドが自身の去就で意味深発言か【写真:Getty Images】