26日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝で、レアル・マドリードリヴァプールを3-1で下した。同試合で2得点を挙げてチームを勝利に導いたウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、UEFA欧州サッカー連盟)が選出するマン・オブ・ザ・マッチMOM)に輝いた。

 ベイルはベンチからのスタートとなっていたものの、61分にスペイン代表MFイスコとの交代でピッチに登場する。すると投入直後の64分、ブラジル代表DFマルセロのクロスからオーバーヘッドシュートを叩き込み、勝ち越しゴールを奪った。83分には強烈な無回転シュートを突き刺し、試合を決定づける3点目を記録。2得点を沈めレアル・マドリードをCL3連覇に導いたベイルが、この試合のMOMとなった。

 なお、昨シーズンのCL決勝のMOMポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、2015-16シーズンMOMスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが受賞している。

 また、ベイルはCL決勝で途中出場から2得点を挙げた初めての選手となった。

CL決勝のMOMに輝いたベイル [写真]=Getty Images