一部でプロ級の舌を持つと噂のタクシー運転手・荒川治さんに教えてもらう「東京B級グルメ案内」。今回は、荒川さんがハマりまくったという讃岐うどん「ひやあつ」を食べさせてくれる東京北区十条にある『いわい』まで、さっそく案内をお願いしましょう。

「ひやあつ」というメニューをご存知ですか? 讃岐うどん好きの方はご存知かもしれませんが、冷たいうどんに温かいつゆをかけて食べる、本場・香川発祥の食べ方です。結果、少しぬるめのつゆになるので、猫舌の私にとってはありがたいのですが、それだけではありません。讃岐うどんのコシ、出汁味を存分に味わえる、素晴らしい食べ方なんです。

 ちなみにこの食べ方を考案したのは、香川名店『宮武うどん』の宮武一郎さん。残念ながら2009年にお店を閉めてしまったそうですが、長年にわたり、子を多く輩出したおかげで他府県にも数々の讃岐うどんの名店が誕生し、“讃岐うどんブーム”を作ったレジェンドともいえる人なんです。

『いわい』のご主人・岩井さん
『いわい』のご人・岩井さん

 この話は、今回ご紹介する東京北区上十条にある『讃岐うどん いわい』のご人・岩井さんから教えていただきました。岩井さんも『宮武』で修業をした一人なんです。それでは、さっそく、『いわい』さんの「ひやあつ」をご紹介しましょう。

『いわい』さんは、十条は商店街の一角にありますが、ここの商店街は四方八方に延びていますが、その中の「十条まごころ中通り」を進んでください。ご主人が店先で一日に何度もうどんを打っているのですぐにわかりますよ
『いわい』さんは、十条は商店の一にありますが、ここの商店は四方八方に延びていますが、その中の「十条まごころ中通り」を進んでください。ご人が店先で一日に何度もうどんを打っているのですぐにわかりますよ

うどんのコシ、出汁の風味を味わえる「ひやあつ」

メニューは 「ひやあつ」以外に、「あつあつ」(熱い汁に熱いうどん)「ひやひや」(冷たい汁に冷たいうどん)などがあります
メニューは 「ひやあつ」以外に、「あつあつ」(熱い汁に熱いうどん)「ひやひや」(冷たい汁に冷たいうどん)などがあります

「ひやあつ」を注文すると、ご人が手打ちのうどんを茹で、流でしっかり締めた後に、熱々のつゆをかけて、さっと出してくれます。私の場合、麺量は大600g(500円)。ちなみに小は200g(300円)、中は400g(400円)です。

手打ちうどんは、少々不揃いなところも味のうち
手打ちうどんは、少々不いなところも味のうち

 うどんは太く、重量感があって、表面はツルツル。噛むり強いしっかりしたコシを感じます。さらに食べ進んでいくと、口の中に小麦の旨みがどんどん広がっていき、讃岐うどん本来の美味しさをしっかりと感じることができます。

うどんは一度、流水でしっかり締めます
うどんは一度、流でしっかり締めます

 また、うどんつゆは、東京しょうゆなつゆとは違い、色にき、透き通っています。ひと口いただけば丁寧に出汁をとったことがわかる魚介系の澄んだ香りと味わいが広がります。

 実は、関東に育った私は、こうした関西の薄口つゆを20代前半まで知りませんでした。20数年ほど前に大阪で初めて食べて以来、この透き通ったつゆが大好きになり、うどん屋さんに行く時も関西の店を探したり、また、自分で作る時もこの薄口つゆになりました。

透き通った黄金色のスープです
透き通った色のスープです

 そして、4年ほど前に初めて『いわい』さんを訪れた時に、この「ひやあつ」の存在を知り、この食べ方が最も出汁の旨みを感じられ、さらにうどんのコシもしっかり味わえる、素晴らしいアイデアだと感したんです。

 ちなみに、こちらの出汁は、小で本古節、片口昆布などのエキスを抽出し、それを何度も繰り返して大きな寸胴で合わせるそう。これもレジェンドの『宮武』さんと同じ手法なんです。

この小さな鍋で繰り返し出汁をとるそうです
この小さなで繰り返し出汁をとるそうです

「一気に大で炊いてしまうと楽なんでしょうが、やってみると味が全然違うんです。味が濁ってしまう。だから手間がかかっても小で少量ずつやっています」と岩井さんが言っていました。

揚げたてのとり天も旨い!

『いわい』さんでうどんと共にぜひ注文して欲しいのが、天ぷらです。特にここの「とり」(150円)は最高ですの胸を使っていて、パサパサになりがちな胸を、ふんわり、ジューシーに揚げている。これがまた、うどんゆにぴったりの味なんです。

 チェーン系のうどん店では、天ぷらがずらりと並んでいて、好みのものを選ぶことができて、あれはあれで私も大好きですが、

香川でもあのスタイルはたくさんあります。でも、天ぷらはやっぱり揚げたてが一番美味しい。だからどうしても注文が来てから揚げスタイルになっちゃいました」

と、ご人が言うように、やっぱり、揚げたては全然違うんです。薄付きの衣がカラッとしていて、素材がイキイキしていてふわふわ。だから、うどんのつゆに入れても、にじみ出てくる油の量が少なくて、くどくならないんです。

「ひやあつ」中400円
「ひやあつ」中400円

 1杯300円~というリーズナブルさも本場・香川うどん文化にならい、「十条は学生さんが多いなので、彼らがファーストフード感覚で食べられるようにと思っているんですよ」と言います。そんな店内は、平日でも学生さんやご年配の方などのお客さんでいつもいっぱい。讃岐うどんの伝統の味と心を受け継ぐ「ひやあつ」、ぜひ味わってみてください。

(撮影・文◎土原亜子)

SHOP INFO

店名:讃岐うどん いわい

住:東京都北区上十条3-28-7
TEL:不掲載
営:10:30~14:30、17:3021:00 日祝10:00~15:00
は11:00~14:00は『ぶっかけや かよ』として営業
休:

プロフィール

荒川

東京都内在住のタクシー運転手。B級グルメ好きが高じて、現職に就き、お客さんを乗させつつ、美味い店探しでを回している。中年になってメタボ300だが、「死神に肩をたたかれても、美味いものを喰らって笑顔で死んでやる」が信条。写真検索で美味しそうなモノを選び、食べに行って気に入ればとことん通い倒す。でもじつは、自分で料理を作ることも好きで、かなりの腕と評判。

『讃岐うどん いわい』の「ひやあつ」(大)500円と「とり天」「ちくわ天」各150円 | 食楽web