株式会社ナップスは、ライダーコミュニケーションについての実態調を実施いたしました。
 オートバイ用品の小売・開発を行う株式会社ナップス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役望月 裕)は、125cc以上のバイクを所有する全ライダー男女548名を対に、ライダーコミュニケーションについての実態調を実施いたしました。

ライダーコミュニケーションに関する実態調」その他結果概要
80%以上の方がライダー仲間がいると回答。ライダー仲間がいないと回答した方も18.6
グループツーリングよりも、ソロツーリングを好むライダーが多い傾向。
・参加したことのあるバイクイベントTOP3は「ツーリング」「展示会」「フェス」。



■Q1.あなたにはライダーの友人が何名いますか。(n=548・単一回答方式)


■Q2.あなたはライダーの友人とどのように知り合いましたか。(n=446・複数回答方式)
80%以上の方がライダー仲間がいると回答。ライダーの友人はいないと答えた方も18.6
ライダー仲間と知り合った場所は「学校や職場」が最多。バイクショップなどで知り合った方も33.9

 対者の方にライダーの友人が何名いるかを聞いたところ、全体の8割以上がライダー仲間がいると回答した一方、「ライダーの友人はいない」と回答した方も18.6いることが分かりました。

 続いて、ライダーの友人が1人以上いると回答した446名を対に、ライダーの友人と知り合った場所を聞いたところ、「学校や職場で知り合った」という方が最も多く57.2%という結果となりました。また「バイクショップや関連ショップで知り合った(33.9)」や「SNSで知り合った(19.7)」など、様々な場所でライダー仲間と出会っていることが分かりました。


■Q3.あなたはソロツーリンググループツーリングではどちらを好みますか?(n=548・単一回答方式)
ソロツーリングが過半数をえる
 ソロツーリンググループツーリングのどちらが好きか聞いたところ、「ソロツーリングを好む」と回答した方が27.4、「どちらかというとソロツーリングを好む」と回答した方が23.5で、合わせて50.9ソロツーリングということが分かりました。
 一方「グループツーリングを好む」と回答した方は6.9で、「どちらかというとグループツーリングを好む」と回答した19.0と合わせるとグループツーリング25.9で、全体ではソロツーリングが多いことがわかりました。


■Q4.あなたはグループツーリングに行く際、同行メンバーに対して特に気にすることはありますか?(n=548・複数回答方式)
ツーリングで同行メンバーに対して特に気にすること、上位は「移動スピード」「交通マナー」「運転技術や経験」
 グループツーリングに行く際、同行メンバーに対して特に気にすることは何かを聞いたところ、最も多かった答えが「移動スピード52.9%)」で、続いて「交通マナー49.6)」、「運転技術や経験(43.6)」と続きました。


■Q5.あなたは今後ライダーの友人を増やしていきたいと思いますか?(n=548・単一回答方式)
74.6ライダーの友人を増やしていきたいと回答
 今後、ライダーの友人を増やして行きたいか聞いたところ、「たくさん増やしたい」と回答した方は32.8で、「少し増やしたい」と回答した41.8の方を合わせると、74.6の方が今以上にライダー仲間を増やしたいと考えていることが分かりました。

ソロツーリングが多い一方、友人は増やしたい
 Q3ではソロツーリングが過半数をえた一方、ライダーの友人は増やしたいという方も多く、コミュニケーションの幅を増やしたいライダーが多くいることがうかがえます。


■Q6.あなたがこれまでに参加したことのあるバイクイベントをお教えください。(n=548・複数回答方式)
参加経験のあるバイクイベントTOP3は「ツーリング」「展示会」「フェス」
 これまでに参加したことのあるバイクイベントを聞いたところ、最も多かったのが「ツーリング60.9)」で、次いで「展示会(45.1)」、「フェス(37.4)」と続きました。一方で今まで一度もイベントに参加したことのない方も、24.5いることが分かりました。


■Q7.あなたはバイクに乗る異性を魅的に感じますか?(n=548・単一回答方式)
約9割のライダーが異性のライダーを魅的に感じると回答
 異性のライダーを魅的に感じるかを聞いたところ、「とても魅的に感じる」と44.2%が回答し、「どちらかというと魅的に感じる」と回答した44.2%と合わせると、88.4ライダーバイクに乗る異性のライダーを魅的だと思っていることが分かりました。

男女別の傾向>
 さらに男女別の傾向を調べたところ、特に女性ライダーの方が男性ライダーを魅的だと感じていることが分かりました。「とても魅的に感じる」と回答した方は69.1にものぼり、「どちらかというと魅的に感じる」と回答した29.1と合わせると、実に98.2%女性ライダー男性ライダーを魅的に感じていることが分かりました。


■Q8.あなたは異性のライダーに対してどのようなイメージを抱きますか?(n=484・複数回答方式)
異性のライダーイメージ最多は「活発的」
 続いて、異性のライダーを魅的に感じると回答した方484名を対に、異性のライダーにどのようなイメージを抱いているかを聞いたところ、最も多かったのは「活発的(50.6)」というイメージで、続いて「行動がある(48.6)」、「かっこいい(44.0)」と続きました。

男女別の傾向>
女性ライダーから見た男性ライダーイメージ!?
1位は「かっこいい(59.3)」、「ワイルド感」も3位に浮上!

 集計したデータ男女別でみると、女性ライダー男性ライダーに抱くイメージ男性からのものより全体的にポイントが高く、半数以上が「かっこいい(59.3)」、「活発的(55.6)」、「ワイルド感(53.7)」、「強い(51.9)」というポジティブイメージを抱いていることが分かりました。


■Q9.あなたのパートナーライダーですか?(n=548・単一回答方式)
パートナーライダーだと回答した方は22.6
 現在パートナーライダーかどうか聞いたところ、「パートナーライダー」と回答した方は22.6で、「パートナーライダーではない」と回答した方が57.1という結果となりました。
※「パートナー」とは、結婚もしくは交際している相手のことをしています。

男女別の傾向>
 さらに男女別の傾向を調べたところ、女性ライダーの方のパートナーライダーである割合が63.6と高いことが分かりました。



<調概要
有効回答数 現在普通自動二輪免許を保有し、125cc以上のバイクを所有していると回答した
2059歳の全男女548名(男性493名/女性55名)
調期間 2018年5月8日2018年5月13日
調方法 インターネットリサーチ

※本リリースによる調結果をご利用いただく際は、「ナップス調べ」と付記のうえご使用くださいますようお願い申し上げます。



バイク用品専門店「ナップス」
当社では1982年日本初となるバイク用品専門の量販店「ナップス」を出店。
郊外の大店に絞った出店戦略で、現在世界24店舗を展開するバイク用品専門ショップです。


神奈川県  ナップスベサイド
      ナップス横浜
      ナップス港北店
      ナップス相模原
      ナップス伊勢原店
      ナップス座間店
      ナップス メンテナンスショップ 圏央厚木インター店
東京都   ナップス足立
      ナップス練馬
      ナップス三鷹東八店
      アップガレージラダース ナップス三鷹東八店
千葉県   ナップス千葉インター店
埼玉県   ナップス埼玉
      ナップスメンテナンスショップ 戸田
群馬県   ナップス前橋インター店
      アップガレージラダース ナップス前橋インター店
宮城県   ナップス仙台インター店
静岡県   ナップス浜松
愛知県   ナップス豊橋
岡山県   ナップス岡山
広島県   ナップス広島
      アップガレージラダース ナップス広島
福岡県   ナップス福岡
台湾    ナップス台湾新北店


【会社概要
会社名     株式会社ナップス
代表      代表取締役 望月
資本     6,000万円
設立      1962年1月
所在地     神奈川県横浜市金沢区幸2-17-1
社員数     479名(アルバイト含む)
販売資格者数  2級自動車整備士 70
        3級自動車整備士 18名
        2級販売士 51
        3級販売士 79
        損保険募集人 103
電話番号    045-790-1170
FAX番号    045-790-1366
URL       https://naps.co.jp/
事業内容    オートバイ用品/部品の小売・開発

オリジナル商品「Nプロジェクトhttp://www.nproject-jp.com/
■ナップスウェブショップ https://www.naps-jp.com/
■総合バイクメディア「ナップス・オンマガジンhttp://naps-on.jp/
Facebook https://www.facebook.com/napsjp/
■ナップスウェブショップLINE https://line.me/R/ti/p/%40zhz4818o
■ナップス店舗情報LINE https://line.me/R/ti/p/%40mkw8513q

配信元企業株式会社ナップス

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ