タイを代表する一大繁華街、バンコクのサイアム。

サイアム駅は、BTSスクンビット線とシーロム線の両方が乗り入れるバンコク中心のハブ駅で、平日でも昼夜を問わず多くの人々でにぎわっています。

2017年12月バンコクの原宿とも渋谷ともいわれるサイアムに、スターバックスコーヒーの旗艦店がオープンしました。

スタバのタイ旗艦店、「スターバックス サイアムスクエア・ワン旗艦店(Starbucks Siam Square One Flagship Store)」がオープンしたのは、BTSサイアム駅4番出口の目の前にあるショッピングスポット「サイアムスクエア・ワン(Siam Square One)」内。

名実ともに「バンコクの中心」といえる絶好のロケーションです。

この旗艦店は、スターバックスコーヒーのタイ上陸20周年を記念し、タイで321店舗目のスタバとしてオープンしました。

バンコクは東京に負けず劣らず、あちこちでスタバの店舗を見かける街。現在も日に日に店舗数を伸ばしているタイにおけるスタバの勢いを象徴する店舗ともいえるでしょう。

旗艦店(Flagship Store)の名にふさわしく、3階建ての店舗はタイのスタバとしては最大を誇ります。

ガラス張りの店舗は見るからに近代的かつ開放的。新しいショッピングセンターがひしめき合うサイアムにぴったりのモダンな建物です。

店内に足を踏み入れると、1階にはいつものスタバのように注文カウンターグッズ売り場があります。

ここで注目したいのは、スタバオリジナルグッズの充実ぶり。

タイ限定のマグカップタンブラーはもちろんのこと、このサイアムスクエア・ワン旗艦店限定の雑貨も豊富で、スタバファンにはたまらないラインナップとなっています。

フードメニューにも独自性があり、オープンサンドハニートーストパンケーキなど、注文を受けてから作るフードメニューも用意されています。

旗艦店だけあって、このサイアムスクエア・ワン店はもちろん「スターバックスリザーブ」の取扱店舗。2階にスターバックスリザーブ専用のカウンターがあります。

スターバックスリザーブは、スタバの専門テイスターが世界中から厳選した個性的かつ希少なコーヒーを、サイフォンやプアオーパーなど、こだわりの方法で丁寧に淹れるワンランク上のスタバ体験。これならコーヒーうるさい人もきっと満足できるはず。

通常のスタバグッズよりもさらに洗練されたシックなデザインの、スターバックスリザーブオリジナルグッズも購入できます。

空間デザイン面で注目したいのは、なんといっても1~3階を結ぶらせん階段。

このらせん階段の弧の描き方があまりにも美しく芸術的で、思わず写真に収めたくなります。

全体としてはスタイリッシュな印象の建物ながら、この階段は木の風合いを大切にした温かみのある雰囲気で、スタバらしいモダンデザインのなかにタイの伝統的な手工芸の要素を取り入れたことがうかがえます。

客席の天井にも木のオブジェやエキゾチックな壁画が取り入れられ、東西がミックスされた洗練された空間は居心地抜群です。

もうひとつ、このサイアムスクエア・ワン店ならではのお楽しみが、ガラス張りの店内から見える駅やBTSの風景。

駅の目の前にあるだけに、店内からはサイアム駅と、駅を行きかう高架電車の姿が見え、大都会バンコクの躍動感を肌で感じることができるのです。これはスタバファンのみならず、鉄道ファンにもたまらないのではないでしょうか。

一杯のコーヒーを飲むだけでも、普段とはまったく違う体験をした気分になれるスタバ、それがサイアムスクエア・ワン店なのです。

名前 スターバックス サイアムスクエア・ワン旗艦店(Starbucks Siam Square One Flagship Store)
住所 Rama 1 Road, Patumwan, Bangkok, 10 10330
営業時間 6:30~22:00
http://www.starbucks.co.th/

【世界のスタバ】芸術的ならせん階段にうっとり / スターバックス「サイアムスクエア・ワン店」