「古都」と呼ばれる京都府は、「日本文化発祥の地」とも言われており、その1,200年の歴史とともに培ってきた様々な魅が存在します。このマガジンでは、文化のふるさとである京都から、観光芸術グルメなど、旬の魅をお届けします。

京都歴史
2018年先で健康になる”へるしい”が話題!
6月13日)は「下分けの戦い、山崎の合戦」の日
健康的に歴史を学べる「王山ハイキング」に注

健康」を謳う日本では、「人生100年時代構想」の発表や「スーパーフード」「クロスフィット」の流行を背景に世の中の健康志向が高まり、それはスタイルにも変化を及ぼしています。2018年旅行的は「疲れを癒すこと」から「先で健康になること」へと移り変わっており、「へるしい」として注を集めています。

下分けの戦いの舞台「王山」
1582年6月13日、羽(豊臣)秀吉山崎の合戦において明智光秀を破りました。この戦いは、どちらが織田信長の統一事業を受け継ぐか、という重要な戦いでした。秀吉は先に王山を占拠し、戦いを優位に進めたと言われ、後に勝負の分かれを「王山」と呼ぶようになりました。
戦いに勝利した秀吉は、交通の要衝だった大山崎を近畿地方の「要」として評し、翌7月王山頂に山崎を築きました。このは、守が築かれた本格的なであったようです。下町となった大山崎では、秀吉が千利休とお茶会を催しました。
王山」はハイキングコースが充実!王山」は標高約270メートルで、JR山崎駅阪急大山崎駅から徒歩でアクセスできる、気軽に登れる山です。登山が整備されているためお年寄りや子供連れでも楽しめるハイキングコースが存在します。大山崎町では、王山のふもとにあるアサヒビール大山崎山荘美術館付近から始まり、宝積寺を通り、青木展望台、旗立展望台、神社、そして王山山頂広場へと続くこのハイキングコースを「秀吉」と名づけています。
また「秀吉」には、秀吉下取りの物語を解説する全6カ所の美しい製作された案内を設置されています。
明智光秀の謀反「本能寺の変」に始まり、「中国大返し」「山崎の合戦」などを経て、山頂の「秀吉の覇権」で完結するこの陶は、高さ1.8メートル・幅5メートルえる壮大な絵巻物のようなものもあり、合戦の臨場感を味わいつつ豊かな歴史文化に触れながらハイキングを楽しむことができます。最後の陶絵図「秀吉の覇権」では、下統一を果たした覇者としての威厳をもった秀吉が描かれています。
王山ハイキング秀吉」の注スポット
王山ハイキングコース」には、「下分けの戦い」の歴史に紐づく観光スポットが、多数存在しています。





宝積寺(ほうしゃくじ)※画像左
「宝積寺」は、724年に聖武天皇の勅命を受けた行基菩薩が建立したと伝えられる真言宗の寺院です。寺宝を多く有しており、建造物では山時代に秀吉一夜で建てたと伝えられている「一夜」と呼ばれる三重搭が重要文化財に、本堂及び山門は京都府の登録文化財に定されています。
旗立展望台※画像右
王山頂への登り、8合付近に位置する「旗立」。王山の戦いの際、秀吉が味方の士気を高めるため老松の樹上高くに千成ひょうたんの旗印を掲げると戦局に大きな影を与え、勝利を収めたといわれています。7代になったがそびえ立つこのスポットでは、眼下にはの流れ、大阪平野京都地が望めます。また、旗立展望台から南へ約100メートルのところには「青木展望台」があり、宇治、木の三川合流部が望めます。

十七士の墓
「十七士の墓」は、幕末の禁門の変(1864年)の際、戦いに敗れ山中で自した隊長和泉守以下十七名が眠っています。




癒し
スマートフォンパソコンによる、疲れ癒してくれる!
現代人の味方、“眼病癒の祈願所”「観音 楊寺」










長岡京の山の中に位置する「観音 楊寺」は、清水寺の開祖である延鎮が806年に創立。特に眼病にご利益があり、安時代より天皇貴族など高な人々を始め、多くの人が信仰されてきた歴史の深いお寺で、毎17日の縁日には各地から多くの参拝者でにぎわいます。
内には、弘法大師ゆかりのある「独鈷おこうずい)」が湧いており、今も眼病癒の霊として信仰を集めています。期間限定で授与される押し朱印も人気です。
明治時代後期の建物で、天皇公家など大切なお客様だけが使った特別な部屋「上書院」は毎17日のみ特別開されており、上書院2階から眺める京都府定名勝の庭園の色は格別です。
また、上書院では、2回、1日3組限定の特別サロン「Gokan+」が開かれており、長岡京の上質なを使用した背面・眼精疲労ケアの「セラピー」など、眼病にご利益のあるお寺ならではのプレミアムな施術を体験できます。
旬!名産品 ~第2回~丹後とり
とりは一般的にまでしか生きられませんが、「丹後とり」は栄養豊富な内湾で育つため、以降も成長を続け、他の地域のとりよりもひと回り以上大きく育ちます。そのため、その身はおどろくほど厚で柔らかいだけでなく、とり特有の深い甘みが楽しめます。

また、「丹後とり」は、生まれてから出荷するまで全て人の手で育てます。から1cmサイズの稚になるまでは京都府の試験研究機関で、その後は漁業者の手に渡り、府内各湾で出荷サイズまで育てます。湾内では「丹後とり」専用の育成容器に稚を収容し、深5~7mの中にり下げ、1~2ヶ毎に引き上げて育成容器の交換やの収容密度の調整などの世話をします。この作業を約1年繰り返し丁寧に育て、100g以上になったとりのみが「丹後とり」として認定されます。

「丹後とり」は地域団体商標に登録されており、京都の優れた農産物の中でも“特においしさと品質が厳選された安心・安全なもの”のみに与えられる「ブランド産品」に、産物で初めて認されました。現在では、府内はもちろん、全の高級飲食店で取り扱われています。

URLhttp://www.pride-fish.jp/JPF/pref/detail.php?pk=1431923176

京都府の地域情報発信サイトKYOTO SIDE」編集部おすすめ
梅雨時こそ見頃!京都紫陽花スポット~ 
http://www.kyotoside.jp/
梅雨の時期こそKYOTOSIDE編集部がおすすめするのは、「紫陽花」を楽しめるスポットです。おでかけが憂になりがちなの日にも、しっとりとした情を味わうことが出来ます。ピンク水色などカラフルに咲き誇り、の中でも絵になる「紫陽花」は、梅雨のお出かけの味方です。











・山間の場名所は紫陽花御朱印も人気
内には、約30種、合計5,000ほどの紫陽花があり、日陰には日本古来の山アジサイ日向には西洋アジサイが多く咲いています。特に、両側に額アジサイやアナベルなどの紫陽花が咲き競う屋根付き回廊は、「あじさい回廊」と呼ばれています。
また、見頃の6月には、普段は17日の午前中のみ限定開の上書院を特別開する「あじさいウィーク」や、地元特産品の販売やコンサートが実施される「あじさいまつり」も開催されます。
さらに「あじさいウィーク」では、紫陽花びらをあしらった押し御朱印が期間限定で授与されます。

配信元企業京都府

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ