もっと本を読んで欲しいのに・・・とが子がなかなか本に興味を示さず悩んでいるママは多いですね。本に興味を示さない理由はさまざまですが、その原因の1つがスマホインターネットの普及です。

受験のプロに聞いた!“賢い子”に育つ家庭の共通点3つ

現代は昔にべ子どもにとって興味を引くものが多く、それは時代の流れで仕方のないことですが、子どもの成長過程において読書は必要であり、読書がもたらすメリットはたくさんあると言われています。

だからこそ、が子にはもっと本を読んで欲しいというのが親の願いですが、なかなか思い通りにはいかないようです。

ではどうしたら子どもは本に興味を示してくれるのでしょうか。

今回は、図書館書さんに子どもが読書をするメリットと、読書嫌いな子を読書好きにするコツについて聞いてみました。

読解だけじゃない!読書が好きだとこんなにメリット

やっぱりコレ!読解がつく

国語算数、理科、社会・・・どの教科においても問題を読み解くが必要です。まずは文章を読んで内容を理解できなければ前には進みません。

読書が嫌いな子に多いのが「文字は読めるけれど、読み間違えが多く、間違った理解をしやすい」ということ。外国語日本語は複雑で、1文字読み間違えたり、読み飛ばしたりしてしまうだけで違う解釈が生まれます。

しかし、日頃からたくさんの本を読んでいると、正しい解釈ができるのは論ですが、万が一読み違えたとしても、文章の流れから間違えた解釈を修正しやすいのだと書さんは言います。

ボキャブラリーが豊富になる

ボキャブラリーが豊富な人は、賢く頭の良い人だという印を受け、一置かれやすいものです。ボキャブラリーが豊富な人が必ずしも読書が好きかと言えば、そうとは言い切れませんが、やはり幼少期から本に触れる時間が多かった人の方がその傾向が高いと言われています。

子どもは成長すればするほど、さまざまな人間関係を経験していきますが、その過程においてボキャブラリーが豊富だと、相手に自分の気持ちを的確な言葉で伝えやすく、良好な人間関係を保ちやすいのだそうです。

勉強がスムーズに進む

日頃から読書をしていて、ある程度の読解があれば、たいていの子どもは自で勉強を進められると書さんは言います。

勉強中「これ何て書いてあるの?」「意味が分からない」といちいち親を呼ぶ子どもはいますが、それは読解がない拠。

なかなか自で宿題が出来ないと思った時は、ひたすら問題を解かせるのではなく、もっと簡単に読めて簡単に解ける問題をやらせたり、本に興味を持たせてあげ、読書をする習慣をつけた方が良いそうです。

気になる!読書嫌いを読書好きにするコツとは

書さんに聞いた!読書嫌いな子を読書好きにするコツ

読書が子どもにとって良いことは分かりましたが、では、なかなか興味を示さず読書嫌いな子どもを読書好きにするにはどうしたら良いのでしょうか。

まずは親が率先して読書をすること

子どもが本に興味を示さない原因の1つに「親が読書をしない」ということがあります。日頃から親が本を読んでいれば、子どもも自然と本に興味を示す傾向は高く、子どもは親の背中を見て育つというものです。

子どもを読書好きにしたければ、まずは自分が読書をすること・・・それが先決ですね。

子どもの身近なところにたくさんの本を・・・しかし置き方にも注意が

子ども部屋に本棚がある庭は多いですが、わざわざ子ども部屋まで行って本を手に取り、読書をする子どもはなかなかいないようです。よっぽど本が好きな子であればそれもあり得ますが、やはりもっと身近なリビングなどにたくさんの本を置くと、子どもは興味を示しやすいのだそうです。

もっとお勧めなのが、本棚に本を置くように背表だけを見せるのではなく、場所は取りますが、子どもの線くらいの高さに表を見せるように置くと、子どもは興味を示しやすいのだとか。文字ではなく写真や絵で気を引くような作戦は効果的のようです。

親が選書しない!子どもが興味を示せば漫画でも図鑑でもOK

どうせ読むならためになるものを・・・と、童話や物語などにこだわり、図鑑や漫画はダメ!としてしまう親は多いですが、親が選書をしてはいけないと書さんは言います。

子どもが興味を示せば図鑑や漫画でもよく、まずは書物に興味を持たせることが大事だそうで、図鑑や漫画もまったく文字がないというわけではありません。親が選書をしてしまうと、逆に読書嫌いになってしまう可性もありますから、注意が必要です。

週に1度は家族図書館に行こう

どんな本に興味を示すか分からないのに、あれこれ買って自宅に置くというのは効率が良くありません。お金も掛かってしまいますし、買っても子どもが全く興味を示さなければ、駄になってしまいます。

そうならないようにするには、図書館を利用するのが一番良いそうです。例えば週に1度は家族図書館へ行く習慣を作るなど、30分でも1時間でもよいですから、家族図書館へ行き、読書タイムを作ると良いのだそう。週末のお出かけ前に図書館に寄る習慣を作ると、子どもも自然と本が好きになるかもしれません。

このように、読書嫌いを読書好きにするコツは、子どもに本を押し付けるのではなく、親も一緒に読書に取り組むこと。読書を生活の一部にすれば、子どもは自然と本に接することができ、自然と本に興味を示す可性も高くなります。

今度の週末は家族って、近所の図書館に行ってみませんか。