ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグ監督は、ジネディーヌ・ジダン氏が電撃退任したレアル・マドリードの新監督補として最有視されているようだ。4日、スペインアス』が伝えている。

 5月31日ジダン氏が退任したことによって、レアル・マドリードの新監督として現在は3名の名前が挙がっている。1人は、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督だが、先24日に2023年まで契約を延長したばかり。トッテナムレヴィ会長が手放すことはないと言われている

 2人は、リヴァプールユルゲン・クロップ監督が挙げられている。クロップファンの中では新監督補として最も人気を擁しているようだが、2022年まで契約が残っており、3200万ユーロ(約41億円)の違約が発生する。

 3人として挙げられるのが、アッレグ監督である。ユヴェントスとの残り契約期間は1年で、アッレグ監督が新たな挑戦をめるのであれば、ユヴェントスは拒否しないという。さらに、新たな標はチャンピオンズリーグを制覇することで、実現するためにはレアル・マドリードが最も適していると考えているようだ。これらの理由より、ポチェッティーノ監督クロップ監督を差し置いて新監督の最有補とされている。

レアル行きが噂されるアッレグリ [写真]=Getty Images