ラモスメディアる 「話もしたくないけど…」

 スペイン代表の不動のキャプテン、DFセルヒオ・ラモスレアル・マドリード)は8年ぶりのワールドカップW杯)制覇へチームを引っる立場にあるが、先26日に行われたUEFAチャンピオンズリーグCL)決勝リバプール戦(3-1)でエジプト代表FWモハメド・サラーを負傷退場に、GKロリス・カリウスを震盪に追い込んだとして“悪役”扱いされている。本人はイタリアテレビ局メディアセット」の取材に応え、故意ではなかったと強調している。

 セルヒオ・ラモスCL決勝の前半25分に、ドリブル突破を仕掛けたサラーと交錯。この際に腕を巻き込み“固め”のような形となり、受け身の取れなかったサラーは左肩靭帯を損傷。涙ながらにピッチを去った。

 また後半開始々にはレアルセットプレーで、ラモスの肘がカリウスの頭に接触。この際にカリウスは震盪を起こし、その直後にスローイングミスからベンゼマに先制点を献上、そして試合を決定づけたFWギャレス・ベイルのミドルシュートの処理ミスが起きたとのが挙がっている。

 サラーのエジプトを筆頭に世界中から非難が殺到しているラモスだが、このように話している。


サラーともやり取り「状況は良くなっていると聞いた」

サラーのことについて関心が向きすぎている。もう話が広がりすぎているから話もしたくないけど、だけど君たちがプレーをよく見てもらえれば分かると思うんだけど、彼がまずの腕をつかんできたわけだし、は反対側に落ちたわけだからね。それは柔道だった、なんて言われているけど。付け加えるとGKと衝突して、クラっときたとは言っていたけどね」

 決してレアルを優位に持ち込むため、故意にやったわけではないと強調した。「は彼とメッセージをやり取りして、状況は良くなっていると聞いたよ」とも話している。今回の負傷は当事者間では解決しているようだが、ラモスが外野の雑音を煩わしく思っているのは間違いない。


Football ZONE web編集部)

CL決勝でのラフプレーが非難の対象となっているラモス【写真:Getty Images】