誌のアンケートでは73フランス代表の先発落ちを支持

 フランス代表のマンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバは1日にニースで行われた際親善試合イタリア戦(3-1)で不甲斐ないパフォーマンスに終わり、サポーターから大ブーイングを浴びた。地元誌の調では、サポーター73先発落ちを希望するなど評価を落とすポグバだが、自らを史上最高の天才較したことで、冷たい視線を向けられている。

 2年前のに、当時の世界最高額でマンチェスター・ユナイテッドに移籍したポグバは、フランスサポーターからの信頼を失ってしまったようだ。サッカー専門誌の「フランスフットボール」が緊急アンケートを実施。すると7000人のサポーターのうち、73が不甲斐ないパフォーマンスに終わったポグバのスタメン剥奪を支持した。

 そうしたなか同誌によると、ポグバは物議を醸す発言に出たという。

「オレはいつだってこうだった。勝っている時もこうやって勝ってきた。これが自分のスタイルなんだ。メッシピッチを歩いている時だって、批判しないだろう。もしも彼が3ゴールを決めていたら、でも、みんなは彼がピッチを歩いていただろうと言うのかい? どんなプレーをするべきかなんて、意見できないはずだ」

 ポグバ較対として挙げたのは、バルセロナ天才FWリオネル・メッシで、普段は戦況を見ながら歩く場面が多い史上最高の名手を引き合いに出していた。今季はユナテッドでもベンチを温める試合もあったポグバツイッター上ではメッシをたとえに出したことで、「メッシ較するなんて片腹痛い」など世界中から批判が上がっている。


Football ZONE web編集部)

メッシ(右)と自身を比較したポグバだが、不甲斐ないパフォーマンスで批判を浴びている【写真:Getty Images】