CL準々決勝レアル戦で審のPK判定にしく抗議し退場

 今季限りでユベントスを退団するGKジャンルイジ・ブッフォンは、現役引退パリ・サンジェルマンPSG)での現役続行かを選択すると見られているが、現役続行の場合はUEFAチャンピオンズリーグCL)で3試合出場停止になることが決まった。イタリア「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

 ブッフォンは今季のCL準々決勝レアル・マドリードとの第2戦で、初戦の0-3ビハインドから敵地で3-0と追いついていた終了間際に、チームがPKを取られた場面で昂。マイケルオリバー審にしく詰め寄りレッドカードを提示されていた。

 欧州サッカー連盟UEFA)はこの行為に対し、ブッフォン欧州カップ戦で3試合の出場停止になることを決定したという。このため、PSGで現役続行となった場合でもグループステージの半分を出場停止になることが決まった。

 一方で、ブッフォンPSG契約に関しては、この出場停止問題に結論が出た時点で契約の詳細が決まるとイタリアメディアでは報じられていた。そのため、PSGと2年契約で年俸が約10億円というオファーを受けるかどうか、その決定と発表が間もなくになる可性もある。

 果たして、キャリアの中で獲得できていないビッグイヤー制覇の野望を共有するPSGと、鉄壁守護コラボレーションは実現するのか。ブッフォンの決断に注が集まる。


Football ZONE web編集部)

今季限りでユベントスを退団するブッフォン【写真:Getty Images】