あの西武多摩川線に未来的なステーションが誕生―――。

西武鉄道 多摩川線 多磨駅が大変貌。2020年度までに橋上駅舎と自由通路、プラットホーム拡幅を整備する。

同事業は、鉄道駅総合改善事業として府中市と協力して実施。鉄道側事業の橋上駅舎整備と、都市側事業の自由通路を一体的に整備し、鉄道駅の総合的な改善について国から補助を受け、駅機能の向上を図る。

今回のプロジェクトでは、東口を新設。構内踏切を廃止し、ホームを拡幅することで混雑が緩和。安全性を向上させる。

また、エレベーターエスカレーターなどのバリアフリー施設も整備し、利便性を向上させる。

多磨駅周辺は、多磨霊園や野川公園、武蔵野の森公園など大規模な公園や緑地が多く、緑やオープンスペースが豊か。

多くの学校施設もある地域。また、大規模商業施設の開業や西口駅前広場の整備計画もある。