ベルギー代表を揮するマルティネスっ向から対立

 ASローマMFラジャ・ナインゴランは、サッカー界屈の実を持ちながらも、ロシアワールドカップW杯)のベルギー代表メンバーから落選した。「忍者」の異名を持つダイナモは、ベルギーテレビ局VTM」で「サッカー界にはあまりに多くのイエスマンが存在する」と、怒りを爆発させた。

 世界を驚かせた自らの落選を振り返り、「W杯に参加できないことは本当に自分にとって痛手だ。すでに一度出場を逃しているからね」と苦しい胸の内を明かした。

 ナインゴランは4年前のブラジルW杯も選外となったが、2016年欧州選手権では2得点を挙げる活躍も見せていた。

 だが、ベルギー代表を率いるロベルトマルティネス監督とは、愛煙であることなど、素行面の悪さを理由にっ向から対立。W杯の予備登録メンバーから外されると、自身のSNSで代表引退を発表した。


曲げなかった自分の流儀「日々を生きる。毎日人生最高の一日なんだ」

引退後はフットボール世界とは関わりを持ちたくない。あまりにもイエスマンが多すぎる。自分は思ったことを口にする。それが問題だが、自分はそのやり方が気に入っている。日々を生きる。毎日人生最高の一日なんだ」

 強い者にへつらう者がこのサッカー界には多すぎると持論を展開。これまでも、時に物議を醸しながらも、単直入な発言を曲げようとしなかった。

「自分はプロだ。練習ではハードワークする。には子供学校に連れていく父親でもあるんだ」

 ナインゴランは、各メディアが選ぶ今大会から落選した驚きのベストイレブンの一人にもなった。自分の流儀を曲げずに憂きを見た、“忍者”のダイナミズムあふれるプレーを4年の一度の大舞台で見られないことは、世界中のサッカーファンにとっては残念なことだ。


Football ZONE web編集部)

ロシアW杯のベルギー代表メンバーから落選となったナインゴラン【写真:Getty Images】