退団へ“後戻りできない”状態 イングランドフランスイタリア補に挙がる

 レアル・マドリードポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、今の移籍市場での退団が噂され始めている。そうしたなかでポルトガルの「レコルド」は、「クリスティアーノ・ロナウドレアル・マドリードを去る」と報じ、移籍先補に古巣マンチェスター・ユナイテッドのあるイングランドなど3カを挙げている。

 ロナウドは3連覇を果たしたリバプールとのUEFAチャンピオンズリーグCL)決勝(3-1)の終了直後のインタビューで、「レアル・マドリードプレーできたのは“本当に良かった”」と意味深発言を残し、これが退団を示唆したものではないかと大きな話題になっていた。

 様々な憶測が飛び交うなかで、「レコルド」ロナウドレアルを退団することは既定路線と報じた。退団決意の意思はすでに“後戻りできない”状態だという。

 そして移籍先としてはフランスパリ・サンジェルマン)、イタリアユベントスインテルACミランローマ)、そしてイングランドマンチェスター・ユナイテッド)の3カを挙げている。CLの6年連続得点王で3連覇達成の立役者となったカリスマは、今に“巨人”を離れ、新たなキャリアを歩むことになるのだろうか。


Football ZONE web編集部)

C・ロナウドのレアル退団は“既定路線”とポルトガル紙は報じている【写真:Getty Images】