リヴァプールは8日、ドイツMFエムレ・ジャンの退団をクラブ公式サイトで発表した。

 2014年レヴァークーゼンからリヴァプールに加入したジャンは、同クラブで167試合に出場。クラブとの契約延長交渉が行われていたが、契約満了に伴う退団が決定した。

 リヴァプールから離れることが決まったジャンの移籍先にはユヴェントスが筆頭補として挙げられ、イギリスの複数メディア契約合意は近いと報じている。

 また、リヴァプールアカデミー出身のイングランド人DFジョン・フラナガンの退団も同クラブは併せて発表。同選手は2011年マンチェスター・C戦でのデビュー以来、51試合に出場していた。