仕事事、子育てなど、現代の女性は忙しい毎日を送っています。忙しさのあまりスキンケアがおろそかになったり、ストレスによって肌荒れに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

キンケアや化粧品を変えても肌荒れがなかなか良くならない…そんなときは、まず食事から見直してみませんか?
今回は、食べ物と肌の関係や美肌効果の期待できる食べ物などをご紹介します。肌荒れに悩んでいる方は、さっそく毎日の食事に取り入れてみてくださいね
食べ物が肌にもたらす影とは
「肌は内臓」と言われていることをご存知でしょうか?この言葉のとおり、肌と内臓は密接な関係にあります。
バランスの悪い食生活によって内臓調子が悪くなると、肌が荒れたりハリツヤが不足したりと皮膚にいろいろな変化が起こります。つまり、肌の不調は体の内部からのサインともいえます。

バランスの取れた質の良い食事によって内臓を整えることは、美肌を手に入れるための基本です。高い化粧品や優秀なスキンケアを使っても、体内環境が良くなければ、思うように効果が得られないことも。
肌にとって重要なのはスキンケアと考えがちですが、食事や生活習慣も大きく影するため、毎日の食事を意識することがとても大切なのです。
総合的に美肌に良い食べ物
美肌と食事の関係についてお話ししてきましたが、具体的にどんな食べ物が肌に良いのでしょうか。「いきなりすべての食事を見直すのは大変…」という方のために、いつもの食事にまずプラスしてほしい食べ物をご紹介します。

肌荒れに悩んでいる方にまず積極的に取り入れてほしいのが、発酵食品です。発酵食品といえばヨーグルト納豆チーズ味噌など身近なものが多いので、すぐに手に入れることができますね。
発酵食品には酵素が含まれており、腸内の消化活動を促進する働きがあると言われています。宿便も排出しやすくなるので、肌荒れの大敵である便秘を解消する効果が期待できるでしょう。
さらに、多くの発酵食品には乳酸菌が含まれており、腸内環境を整えてくれます。腸内環境が良くなれば摂取した栄養をしっかり吸収することができるので、美肌づくりのためにも土台=腸の機を整えることが重要です。

肌に良いものをただやみくもに食べるのではなく、まずは腸内環境をしっかり整えて、栄養素の吸収率を高めることが美肌への近となります。
肌悩み別・美肌づくりに効果的な食べ物
肌荒れと一言で言っても、肌に関する悩みは様々ですよね。そこで、肌悩み別におすすめの食べ物をご紹介します。
(1)ニキ
ニキビに悩まれている方は、ビタミンB2・B6を含む食材がおすすめ。
ビタミンB2は、ニキビの原因となる皮脂の分泌をコントロールする働きがあります。そのため、ビタミンB2が不足すると、皮脂の分泌量が増えてニキビができやすくなってしまうのです。ビタミンB2牛乳納豆、レバーアーモンドなどの食材に多く含まれています。

一方、ビタミンB6たんぱく質の代謝をサポートし、皮膚や膜を作る働きがあります。ビタミンB6が不足すると肌のターンオーバーが乱れがちになり、古い質がはがれ落ちずに蓄積してしまうことで、ニキビの原因となってしまうのです。ビタミンB6はかつおやまぐろなどの魚類バナナむねなどに含まれています。
ビタミンB2・B6は、に溶ける性質がある溶性ビタミンなので、煮る場合は煮汁ごと利用したり、焼いたり炒めたりといった調理法がおすすめです。また、いずれも体に蓄積されにくいため、毎日の食事できちんと補給しましょう。
(2)シミ・そばかす
シミやそばかすが気になる方は、ビタミンCビタミンEが含まれている食材がおすすめです。
美容に欠かせないイメージがあるビタミンCには、メラニン色素の生成を抑えたり、コラーゲンの生成を促したりする働きがあります。ビタミンCは、柑橘類イチゴピーマンブロッコリーなどに多く含まれています。ただし、に溶ける性質のある溶性ビタミンで、熱にも弱いため、できるだけ生で食べるのが良いでしょう。

ビタミンEには老化を防ぐ抗化作用や、血液の流れを活発にする働きなどがあります。アーモンドピーナッツといったナッツ類や、カボチャアボカドうなぎ植物油などに豊富に含まれています。
ビタミンEは、脂溶性ビタミンなので油との相性が良く、油で炒めたり揚げたりすることで吸収率が上がります。また、ビタミンCビタミンAと一緒に摂取することで、抗が高まることも期待できますよ。
(3)シワ・たるみ
シワやたるみに悩んでいる方は、ビタミンCたんぱく質を含む食材の摂取がおすすめ。
たんぱく質は人間の体をつくる重要な栄養素で、美肌を維持するためにも欠かせないものです。たんぱく質が不足すると、たんぱく質から構成されているコラーゲンも減少してしまうので、肌のハリやツヤ、弾がなくなってしまいます。また、たんぱく質不足は新陳代謝の低下や、肌の老化にもつながります。

類や魚介類、牛乳製品、大豆製品、などは良質のたんぱく質を含んでいます。普段の食事にプラスするのはもちろん、間食として牛乳ヨーグルトなどの製品を取り入れることでも、たんぱく質をしっかり摂取することができます。
(4)乾燥肌
乾燥肌の方は、ビタミンAカルシウムが含まれる食材がおすすめです。
ビタミンAには皮膚・膜を正常に保つ働きのほか、抗化作用もあります。含まれている食材はほうれん草にんじんといった黄色野菜、レバーうなぎチーズバターなど。黄色野菜植物油を使って調理すると吸収率が良くなり、栄養を駄なく摂ることが期待できます。

一方、カルシウムといえばイメージが強いですが、実は肌にも必要な栄養素です。新陳代謝の促進やバリアを強化する働きがあるので、乾燥肌・敏感肌の方におすすめ。えびしらすなどの小藻、牛乳チーズ大豆および大豆製品などに多く含まれています。カルシウムは年齢とともに不足していくので、しっかり摂取しましょう。
美肌づくりの妨げとなる食べ物とその理由

前項では肌に良い食べ物をご紹介してきましたが、美肌づくりのために控えたい食べ物もあります。ここではその理由も含めて説明していきます。
(1)脂肪分が多い食べ物
脂肪分が多い食べ物とはファストフード揚げ物インスタント食品、スナック菓子などです。脂肪分を多く摂取しすぎると肌は化し、老化が進むと言われているため、食べ過ぎには注意が必要です。
(2)甘いお菓子スイーツ
ケーキなどのスイーツお菓子ジュース砂糖をたくさん使用しているので、糖化の原因になります。糖化とは体内のたんぱく質などと糖質が結びつき、老化物質を生成する現のことで、肌に悪影を与えてしまいます。疲れたときなど時々食べる程度ならOKですが、摂りすぎには注意を。おやつナッツ類に変えるのもおすすめですよ。
(3)体を冷やす飲み物や食べ物
冷たい飲み物や食べ物を摂取しすぎると、体が冷えて血行が悪くなります。血行が悪くなると老物を排出しにくくなったり、くすみの原因にもつながってしまうので、体を冷やしやすい生野菜や冷たい飲み物の摂りすぎには注意しましょう。
注意点
美肌づくりに良い食べ物、避けたい食べ物をご紹介してきましたが、大切なのは食事全体のバランスです。肌悩みを解決したいからといって特定の食材だけを過剰摂取しては意味がありません。「なにを食べる」ということももちろん重要ですが、「なんでも食べる」ということが基本です。

また、栄養素には相性の良い組み合わせや、駄なく摂取するための調理法があります。ただ単に食べるだけでなく、そういった点も調べてみることで、美肌にグッと近づくはずですよ。
まとめ
いかがでしたか?美肌づくりにおいて、大切なのはバランスの取れた食事を摂ること。即効性はないかもしれませんが、食事を見直すことによって確実に肌に良い影が現れるはずです。ぜひ参考にしてみてくださいね
ライター紹介
丸山麻衣
フリーライター/日本化粧品検定1級・コスメコンシェルジュアパレル企業ライターとしての経験を積み、フリーランスに転向。自身が長年肌荒れに悩んだ経験から日本化粧品検定1級・コスメコンシェルジュを取得。Web媒体を中心にファッション&美容ライターとして活動中。
[pickup]
【あわせて読みたい】美肌になれる食事をもっと知ろう!・オフィスに常備!肌を健やかにするヘルシーおやつ3つ・食べて内側からケア!美肌になりたい人の食材・初外線&ストレスケアに。身近な和ドリンク2選・効果があったものを厳選。つらい便秘善する食べ物3つ
エイジングケア情報姉妹サイトへ】
・なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティング落とし穴
・今年こそ食べてキレイに!美容40歳から始めたこと3つ
・カルディで買える!食べてキレイになれる「おやつ」3つ
・「納豆」でダイエット糖質制限もできる納豆レシピ4つ

【参考】栄養成分科 - グリコ発酵食品のチカラ - 発酵食.com食品成分データベース文部科学省ビタミンミネラル一覧表 - タケダ健康サイト

丸山麻衣
丸山麻衣
フリーライター/日本化粧品検定1級コスメコンシェルジュ アパレル企業ライターとしての経験を積み、フリーランスに転向。自身が長年肌荒れに悩んだ経験から日本化粧品検定1級コスメコンシェルジュを取得。Web媒体を中心にファッション&美容ライターとして活動中。