6月9日AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルにて、『カンニング山の土曜The NIGHT』が放送された。

同番組は、俳優コメンテーターとしても活躍するお笑い芸人カンニング山が、1週間に起こった様々なニュースを独自の視点読み解いたり、その週にワイショーなどで発言した山さん振り返りトークを行う。そして、山が“今、話してみたい”話題の人物をスタジオに招き、ゲストにまつわる様々な情報や、噂の相に迫まるトークバラエティ番組。

この日のオープニングトークでは、中野区長選によって、中野サンプラザがなくなるかもしれないという話題から、山の中野サンプラザにまつわる思い出話に。山は、「21歳でコンビを組んで、中野サンプラザの向かい側にある、木の生えた広場で毎晩のようにの3時位までネタ練習をしていた」とり、中野サンプラザの上がホテルということを知った時に、「いつか売れてあそこホテルに泊まってやる。なんだったら、女をはべらかしてやる」という夢を持ったことを明かした。

さらに山は、「ある程度大人になって、夢をえようと中野サンプラザに泊まろうとしたら、思いのほか安かった」とり、中野坂上に住んでいた当時は、新宿西口にある高級ホテル女性を呼び出し、遊んでいたという過去を自らカミングアウト。「カミさんにバレてやばかった」と振り返った山は、以前、週刊誌に浮気相手がリークした山の全裸写真が掲載されたことにも「人間って罰が当たりますね、裸の写真がばらまかれるわけですよね、よくできているね世の中」と、ため息交じりでった。さらに、山は「だからといってこういう世の中の流れに負けたくないですよね」と、日々報じられる不倫報道に苦言を呈し、「甲斐性があればいいと思う」と持論を展開。また、ワイショーなどで不倫を厳しくするコメンテーターに対しても、「を大にして言いたい、性行為がしたい。全然恥じることではない。みんな建前だけで生きるから駄だと思う」と話し、スタジオの笑いを誘った。



ワイショーで1週間取り上げられたニュースを振り返るコーナーでは、5歳女児が両親に虐待され死亡したニュースに言及し、自身のTwitterで「親ブン殴りに行きたい」とった意を明かした。「子供を虐待するということは、背景にその親の育った環境教育が関わっていることが多い。(その親の)子供時代にどのような倫理観や徳観で教育を受けたかで、その人が大人になったときの意味が変わってくる」と摘し、山は感情論だけでるべき問題ではないと説。さらに、「お前たちが大事に育てていた1歳の子どもが、お前らのせいで一番かわいそうなにあうぞ」と怒りを露わにした。

今回の放送では「生電話SP」と題し、山の私物である携帯電話の番号を生放送表しながら、視聴者との生電話を行った。以前、山が出演していた映画エキストラとして参加したことがきっかけで、役者を志したという“エキストラ帝王ますい”と名乗る男性など、個性豊かな視聴者との生電話が行われる中、番組としてはしい女性からの着信が入る。「山さんに相談したいことがある」と話す36歳の女性は、後輩がついたにより、実の罪で訴えられ裁判沙汰になった事と、同時期に母親末期がんで亡くしてしまい、気持ちが落ち込んで毎晩眠れないという悩みを告白。話を聞いた山は、自身も若くして父親を亡くし、相方も亡くした経験から、「大好きだったお母さんの死を駄にしないために、あなたが一生懸命生きていくんだよ。精一杯この世を生きることがお母さんの弔いになるんだよ」と真剣に悩みに答え、涙ながらに話を聞く女性に対し、「この番号覚えておくから、よかったらまた電話して」と、優しいをかけた。その他、山が今週のワイショーで発言したコメントの裏話や、視聴者の方との生電話の様子は、「AbemaTV」で無料で視聴可。ぜひ、チェックを。

©AbemaTV

関連画像キャプション