認定NPO法人・地域精神保健福機構(コンボ)は6月11日東海道新幹線のぞみ内で起きた殺傷事件の報道で、「発達障害」や「自閉症」の診断名や、精科入院歴などが報じられていることに対して、「偏見の助長につながる」として、報道各社に配慮をめる緊急要望書を表した。

今回の事件では、毎日新聞6月10日、「容疑者自閉症?」という見出しの記事の速報をサイトに掲載。ネット批判が高まり、後日、記事内に、「この記事では当初、容疑者が昨年入院した経緯について、障と事件が関係するような表現になっていたため、関係部分と見出しを削除しました。誤解を与える不適切な表現であり、おわびします」と謝罪した。

コンボは、精科に入院していたことや、発達障害自閉症事実であったとしても、未だ事件との関わりが不明であるにもかかわらず、現在報道では、読者視聴者精神疾患について強く想起させ、精神疾患を持った人について、「怖い」、「危険」、「何をするかわからない」、「社会から排除すべきである」といった偏見を助長させてしまうと警鐘を鳴らしている。

報道には影があることを摘しつつ、「そうした人たちの立場や気持ちにも配慮した報道を重ねてお願いいたします」と要望している。

弁護士ドットコムニュース

のぞみ殺傷、診断名の報道は「偏見の助長につながる」、配慮を求める声