スカイマークが年度計画で予定していた深夜便運航について、羽田札幌線を1往復追加すると発表。これにより、ダイヤにおける同路線の深夜便は1日2往復になります。

年度計画から増便、10月下旬まで1日2往復運航

スカイマーク2018年6月13日)、7月中旬より予定していたダイヤ深夜便運航に、羽田札幌線を1往復追加すると発表しました。

同社が当初計画していた深夜便は、羽田那覇線1往復、名古屋中部)〜那覇線1往復、羽田札幌新千歳)線1往復でした。追加される羽田札幌便は、7月13日)から10月27日(土)までの運航となります(除外日あり)。使用機材はボーイング737-800機。運航時間は以下となります。

SKY079便 羽田21時00分発 札幌22時35分着
SKY070便 札幌午前1時10分発 羽田午前2時50分着

なお、同便の各種運賃は、6月13日()17時より発売が開始されます。

【一覧】スカイマークの深夜早朝便運航ダイヤ

追加される羽田〜札幌線の深夜便で使用されるB737-800型機(写真:スカイマーク)。