ヒルトン東京お台場港区台場 総支配人ジェームスマーフィー)は、9月30日(日)まで、MHD モエ ヘネシー ディアジ株式会社東京都千代田区神田神保町)のニュージーランドワインCloudy Bay(クラウディー ベイ)」の協のもと、ソーヴィニョン ブラン、ペロリュス、ピノ ノワールシャルドネなど「クラウディー ベイ」のワインと、“RIKU(陸) & UMI)”の食材を使用した料理マリアージュをテラス席でお楽しみいただくことができます。

第1弾となった昨年も好評をいただいたこの期間限定テラスは、「自然と通じる」、「フォラージュ(食の探検)を楽しむ」、「を通じて人や場所を発見する」という3つのテーマから構成される「クラウディー ベイ」のコンセプトCome Sail Away(カム セイルウェイ)」を体現した間。心地良いを感じながら東京湾の絶景を望み、ワインとのペアリングを楽しむことができるお料理提供します。

今年は“RIKU(陸) & UMI)”の食材を使用したお料理をご用意。“RIKU”のメニューとしては、やわらかく臭みのないベビーラムを香ばしく焼き上げた「グリルラムチョップ モロミカフェドパリバターマスタード」、“UMI”のメニューでは、海老快に蒸しあげた贅沢な一品「プラウンバスケット」、ワインに合うシーフードをたっぷりと盛り合わせた「プレミアム シーフードラッター」、そして陸との幸を両方使った料理としては、江戸前穴子グリル焼きにしてからじっくり照り焼きにした「フォアグラポアアナゴワイン照り焼き添え」など、ワインに合うメニューを幅広く取りえています。自然ワイン・美食とともに「ナチュラル ラグジュアリー」なライフスタイルをぜひお楽しみください。

シースケープ テラスダイニング
場所:2階
期間:~9月30日(日)
時間:ランチ11:30~14:30(L.O) / ティータイム15:0017:30(L.O) / ディナー18:0021:30(L.O)
予約:レストラン総合案内 TEL:03-5500-5580平日10:00~21:30 土日祝9:0021:30
ウェブサイトhttps://www.hiltonodaiba.jp/plans/restaurants/4879

※屋外席のため、悪時はホテル内店舗にご案内いたしますが、ご予約等でお席がご用意できないことがあります。なお、他店舗へのご案内の場合、メニュー内容が異なる場合がございます。

メニュー一例:
RIKU(陸) - from the land –

グリルラムチョップ3ピース モロミカフェドパリバターマスタード
やわらかく臭みのないベビーラムを使用。香ばしく焼き上げたラム肉バターハーブを混ぜた特製のモロミカフェドパリバターを載せて溶かして食べる一品。

グリルラムチョップ3ピース モロミカフェドパリバターとマスタード
・農園野菜グリル バーニャカウソース
こだわりの産地から取り寄せた夏野菜をふんだんに使ったバーニャカウダ。化学化学肥料を使わずに心込めて作った野菜を思う存分お楽しみください。


UMI) - from the sea

プレミアム シーフードラッター(ホタテ2ピース、パーナ4ピース、ボイル、ロブスターテールハーフ2ピース、ズワイ、スモークサーモン

人気シーフードラッター。ワインに合うシーフードをたっぷりと盛り合わせたもの。
プレミアム シーフードプラッター
・プラウンバスケット
バスケットに入れた海老快に蒸し上げて仕上げる贅沢な一品。レモンサルサソースと合わせて食べれば、ワイン海老もやめられない止まらない。

RIKU(陸) & UMI)”

フォアグラポアアナゴワイン照り焼き添え

江戸前穴子グリル焼きにしてからじっくり照り焼きに。クラウディー ベイのピノノワールを使用したソース照り焼きに甘く仕上げました。
フォアグラのポアレ アナゴの赤ワイン照り焼き添え
シグネチャーカクテル

・「Cloudy Bay OTONA no KAKIGORI」クラウディー ベイ 大人カキ氷(約850ml)

ピノノワールを贅沢に使用したにピッタリのフローズスタイルカクテル。最後はフルーツスパークリングワインをたっぷりと注いでダイナミックに!
Cloudy Bay OTONA no KAKIGORI
■ドッグフレンドリーエリア
ヒルトン東京お台場では、家族の一員であると一緒にお食事していただける「ドッグフレンドリーエリア」を拡と暮らしやすい・にやさしい間をご提供します。
ドッグフレンドリーエリア イメージ
ニュージーランドワインクラウディー ベイ」概要
クラウディー ベイ」は、ニュージーランドを代表するワインピュアでありながら、果実味溢れる味わいで、ニュージーランド ワインイメージを一新する1本として、世界中の人々をとりこにしてきました。その洗練された味わいは、より自由で冒険心に満ちた、食とライフスタイル世界へと私たちを解き放いてくれる、生き生きとした魅に溢れています。「クラウディー ベイ」は、「自然と通じる」、「フォラージュ(食の探検)を楽しむ」、「を通じて人や場所を発見する」の3つのテーマで「Come Sail Away(カム セイルウェイ)」というコンセプトを表現しています。

配信元企業ヒルトン東京お台場

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ