転職活動時にスマホを使って職探しをする割合はアジアで最も高い一方、応募時のスマホ使用はアジアで最も低い1割に留まる

外資系人材紹介会社ヘイズはこの度、転職活動時のスマホ使用について1349人にインターネット調を実施しました。


調の結果、日本職者の多くは新しい仕事を探すときにスマートフォンを使うものの、実際に応募するときは従来の方法を好むことが明らかになりました。

転職活動時にスマートフォンを使う割合が最も高かったのは日本(69%)次いでマレーシア65%)、そして中国本土(59%)と続き、シンガポール香港がどちらも58%でした。

図1:仕事を探す際にスマホを使用する割合

一方で、スマートフォンを使って仕事に応募する割合は日本が最も低い12%でした。

最も高いのは中国本土とシンガポール職者(26%)で、香港23%)、マレーシア21%)がこれに続きます。

図2:スマホを使って仕事に応募する割合


ヘイズ・ジャパンのマネージング・ディレクターマークブラジは、次のように摘します。「日本の雇用市場は急速に変化しています。転職活動をする場合は、チャンスを最大限に活かすために、もっとスマートフォンで対応できるようになる必要があります。また、企業側も高いを持つ職者を引き付けるため、広告や応募のプロセススマートフォンに対応した仕様にすることが必要です。」

【調概要
2018年2月から2018年5月の間に、www.hays.co.jpオンライン上で実施されました。
中国(197人)、香港160人)、マレーシア377人)、シンガポール414人)が回答し、日本の回答者は201人です。

ヘイズは、専門性の高いプロフェッショナルを対に人材紹介サービス提供しているリクルートメントのグロバルエキスパートです。

以上

ヘイズについて
ヘイズ(本社:英国)は、今年50周年を迎えたグロバル人材紹介会社で、専門性の高いプロフェッショナル人材を対としたリクルートメントのエキスパートです。2017年12月31日現在世界33のと地域*、256の拠点(総従業員10,800人)において、20の専門分野に特化したハイスキル人材サービス提供しています。(*日本オーストラリアオーストリアベルギーブラジルカナダチリコロンビア中国本土、チェコ共和国デンマークフランスドイツ香港ハンガリーインドアイルランドイタリア、ルクセンブルグ、マレーシアメキシコオランダニュージーランドポーランドポルトガルロシアシンガポールスペインスウェーデンスイスアラブ首長国連邦イギリスアメリカ) 

ヘイズ・スペシャリストリクルートメント・ジャパン株式会社(ヘイズ・ジャパン)について
ヘイズの日本法人として2001年東京で設立されたヘイズ・ジャパンは、3つの内拠点(東京本社、大阪支店、横浜支店)を有する外資系人材紹介会社です。15の専門分野(経理・財務、サービスデジタルテクノロジーファイナンステクノロジー、人事、インフォメーション・テクノロジー保険、法務、ライフサイエンス、マニュファクチャリング、マーケティング・デジタルオフィスプロフェッショナル、不動産、サプライチェーン、営業)に精通した経験豊富なコンサルタントが、「正社員紹介」「契約派遣社員」「採用アウトソーシング(RPO)」「ITソリューションズ(業務委託)」の4つのサービス提供し、企業の人材採用と個人のキャリアアップ支援しています。

配信元企業:ヘイズ・スペシャリストリクルートメント・ジャパン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ