Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長伊藤毅、以下「当社」)は、東京都からの委託を受け、創ベンチャー育成支援プログラムBlockbuster TOKYO”を開始します。本プログラムは、研修プログラム(通年実施)、期選抜プログラム2018年8月から2018年10月に実施)、選抜プログラム2018年10月から2019年3月に実施)の3つのプログラムで構成されており、創シーズを持つチーム(起業前、起業後ともに可)に対して実践的なアクセラレーションプログラム提供します。


プログラムは、研究機関、製企業支援機関、投資などが集積する東京の強みを生かし、創ベンチャーの育成をすため、東京都の「創ベンチャー育成支援事業」として実施するものであり、本発表と同時に、将来的に東京都で創ベンチャーの起業をお考えの方、今後東京都に事業所を構える意向のある、または既に東京都に事業所を有している創ベンチャー企業を対に、本プログラムへのエントリー受付を開始いたします。

当社は、過去総エントリー数173件の実績を持つ、内最大規模のテクノロジー特化アクセラレーションプログラムBRAVE」を運営しており、革新科学技術の事業化をす研究者や創業前後の技術系ベンチャーの支援を行っております。今回、BRAVE運営を通じて蓄積した経験を踏まえ、創ベンチャーに特化したアクセラレーションプログラムBlockbuster TOKYO”を実施することにより、創ベンチャーの事業化の加速およびエコシステムの醸成、コミュニティの形成をします。本プログラムの特長は、創業前のシーズ段階~シリーズB以降の創ベンチャーまで幅広く対とし、創ベンチャーに必要な経営人材補の採用・育成を通じて、参加チームの体制強化をサポートする点、内外の事業会社や支援機関、投資とのマッチング支援を行う点、また、シェアラボを利用した研究開発支援を行う点、海外展開の支援を行う点です。また、プログラムの最後にはデモデーを予定しており、多くの投資や事業会社・支援機関を集積したコミュニティを形成する事で、東京都を創ベンチャーの創業や、資調達、事業連携といった事業化を加速するエコシステムの拠点にします。

Blockbuster TOKYO 概要
 東京都から委託を受けたBeyond Next Ventures株式会社が、創ベンチャーや起業をす研究者等を対に、起業や、ベンチャービジネス概要、資調達などベンチャーの事業運営に関する知識や、研究開発、事業提携等に必要な知識を身に付けてもらうための研修プログラムを実施するほか、より具体的な事業計画等を有する対者には、創、知財、マーケティングなど、分野ごとに精通したメンターによる専門的な支援や必要な人材のマッチング等の支援を実施します。
 また、事業会社や投資等とのマッチングを行うためのイベントを定期的に実施するほか、随時のマッチング支援を行うなど、事業会社との提携や資調達に向けた支援を実施します。
 更に、2019年3月(予定)には、投資、事業会社・支援機関、研究機関などの出席の下、ビジネスプラン発表会を行い、より広く事業計画等をアピールする機会を設けます。

1.対者 (詳細条件はホームページ「募集要項」を参照してください。)
本事業の支援者は以下の1.または2.のいずれかに該当する者とする。なお「創系」とは下記3分野をす。
・「医薬品/創」:低分子医バイオ(タンパク、ペプチド、抗体)、ワクチン、核、創基盤技術、ドラッグデリバリーシステム、医原料等
・「医療」:遺伝子治療、再生医療(細胞、培養液、培地、試など)、免疫療法等
・「創支援/受託サービス」:受託合成/製造、受託解析、化合物ライブ ラリー、スクリーニング、実験動物生産、動物実験受託サービスCMO (医薬品製造受託機関)、CRO(医薬品開発業務受託機関)、SMO(治験施設支援機関)、創研究支援ソフト、ラボ情報システム
IT活用したソリューションについては、医療機器は含みませんが、上記の分野に該当するものであれば対とします。
1. 東京都内で創ベンチャーの起業をしている者(大学企業等の研究機関に所属する研究者、起業志望者、およびそれらの者を含むチーム等)
2. 今後東京都内に事業所を構える意向のある、または、東京都内に事業所を有する、創系の事業を行う中小企業者(中小企業者の定義は中小企業法による。リンク先のとおり)
http://www.chusho.meti.go.jp/faq/faq/faq01_teigi.htm#q1

2.スケジュール(予定)
2018年7月6日  :期選抜プログラム 優先審受付締め切り
2018年7月20日 :期選抜プログラム 応募締め切り
2018年8月10月期選抜プログラム実施(講義、メンタリングマッチング、ピッチ大会(非開)等)
2018年8月31日 :選抜プログラム 優先審受付締め切り
2018年9月14日 :選抜プログラム 最終応募締め切り
2018年10月2019年3月:選抜プログラム実施(セミナー・勉強会、個別相談、メンタリングマッチング、シェアラボの利用、渡イベント等)
2019年3月下旬 :ビジネスプラン発表会(多くの投資、事業会社等との連携をした、ピッチイベント
※研修プログラムは随時応募を受け付けます。
期選抜プログラムに選定されたチームは、原則選抜プログラムも受講していただくため、再エントリーは不要です。

3.参加チームメリット
(1)研修プログラム
1. 創ベンチャーの起業や成長のためのセミナー・勉強会
2. 各種専門(創研究、臨床開発、マーケティング、知的財産、事業開発、海外展開、資調達、ベンチャーの創業・事業成長等)による相談受付

(2)期選抜プログラム
1. 各種専門(創研究、臨床開発、マーケティング、知的財産、事業開発、海外展開、資調達、ベンチャーの創業・事業成長等)による個別のメンタリング等の支援
2. 経営チーム組成の支援
3. 事業会社や投資支援機関等とのマッチング支援
4. ビジネスプラン発表会の事前ピッチ練習会(非開)
5. ビジネスプラン発表会の実施(非開)

(3)選抜プログラム
上記の「(2)期選抜プログラム」の1.~4.の支援に加えて、追加で下記支援を受けられる。
1. シェアラボ・シェアオフィスの利用権(実験機器等含む)の提供
2. 事業会社や投資支援機関等とのより幅広いマッチング支援
3. ビジネスプラン発表会の実施(開)

4.エントリー(応募)について
Blockbuster TOKYOウェブサイト」 のエントリーフォームよりご登録ください。またご不明点等はBlockbuster TOKYO運営事務局までお問合せください。
■Blockbuster TOKYO ウェブサイト    :http://www.blockbuster.tokyo
■お問合せ Blockbuster TOKYO 運営事務局:info@blockbuster.tokyo

Beyond Next Venturesについて】
Beyond Next Ventures2014年8月に創業した、大学発・技術系ベンチャーへのインキュベーション投資に特化した独立ベンチャーキャピタルです。大学シーズの事業化支援から、ベンチャー投資、成長支援EXITまでに渡る豊富な投資経験と優れた運用実績を有する、内でも数少ない当分野におけるリーディンベンチャーキャピタルの1社であり、科学技術振興機構JST)の大学発新産業創出プログラムSTART)における事業プロモーターや、国立研究開発法人エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の研究開発ベンチャー支援事業に関するベンチャーキャピタルとして認定を受けています。また、2015年2月には、独立ベンチャーキャピタル1号ファンドとしては最大規模の総額約55億円のファンドを組成し運営しております。

また、2016年8月に複数の大手事業会社とともに立ち上げた、 “BRAVEアクセラレーションプログラム” を通じて革新的な技術の事業化を大学や研究機関などの研究者/起業に対し、経営人材補とのマッチング、事業化実現のための知識・ノウハウと人材ネットワーク・成長資提供しています。 過去総エントリー数173件と、アカミア発のテクノロジーに特化したアクセラレーションプログラムでは内最大規模です。2017年JSTのSTART事業の第2サイクルでは、BRAVE出身プロジェクトが4件(全体の採択件数は5件)採択されるなど、実践的なプログラムを受講した成果を残しています。現在BRAVE 2018 Summerのエントリーを受け付けております(URL: http://brave.team/ 2018年締切:一次締切7月6日二次締切7月20日)。

Beyond Next Ventures株式会社 概要
本社    : 東京都中央区日本橋本町1-4-3 日本橋ムロホンビル1
代表者   : 代表取締役社長 伊藤
設立日   : 2014年8月
ウェブサイト: http://beyondnextventures.com

<本件に関するお問い合わせ>
担当 :植波・盛五十嵐    
E-mail: pr@beyondnextventures.com

配信元企業:Beyond Next Ventures株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ