freee は、「クラウド申告 freee」(https://www.freee.co.jp/advisor/tax-return/)で税務上必要な「申請・届出」業務に関する新機提供を開始したことをお知らせいたします。本機は「クラウド会計ソフト freee」と連動し、ユーザーが会社設立や開業、そして住所変更した場合に、それらの申請・届出に必要な帳票のセットが「クラウド申告 freee」上で自動作成され、かつ帳票の作成後まとめて関係機関に電子申告することが可になりました。freeeは、今後も会計事務所インフラとして当社サービスをご利用いただけるよう、機の強化や追加に尽してまいります。

ユーザーの住所変更をフックに、異動届出書セットが自動作成されたケース

■ 種類が多く専門性がめられる税務上の「申請・届出」業務
個人事業法人は、税務上の手続きとして、
  • 個人事業が開業した場合、「開業届出書」
  • 法人を設立した場合、「法人設立届出書」
  • 本社を引っ越した場合、「異動届出書」
などの書類を税務署、都道府県事務所市町村に申請・届出する必要があります。

このような申請・届出書は200種類以上あるため、個人事業法人は1.正しい帳票を選択できているのか分からない、2.帳票には専門用が記載されており、作成が容易ではない、3.そもそも帳票を申請・届出する必要性に気付いていないなどの課題がありました。
その結果、顧問先の税理士に手続きを依頼することになり、かつ青色申告の申請や消費税関連の届出などは節税にもつながるため、税理士が提供するサービスの中でも重要性が高い業務となっています。

■ 「クラウド会計ソフト freee」と連動し必要な帳票セットを自動作成
このような背景から、freeeは、会計事務所を中心にご利用いただいている税務申告ソフトクラウド申告 freee」で「申請・届出」業務に対応する新機リリースしました。

今回は、法人税・地方税・消費税・個人所得税所得税などの中で、特によく利用される23の申請・届出書の1.作成および2.電子申告機提供を開始します。

1.作成のポイント
2.電子申告のポイント
  • 複数の帳票を選んで1つのセットを作成すれば、同一セット内の帳票を同時に電子申告することができます
  • また、会計事務所が複数の顧客を持たれている場合などで、複数の事業所をまとめて一度に電子申告することができます

今回の新機や「クラウド申告 freee」に関するお問合せは以下をご利用ください。
https://www.freee.co.jp/advisor/inquiry/

freee 株式会社について
「スモールビジネスに携わるすべての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」をミッションに掲げ、人工知能AI)技術を使った最先端の機開発や機関との連携により、バックオフィス業務効率化のソリューションを提供している。
<会社概要
会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社
代表者  代表取締役 佐々木大輔
設立   2012 年 7 9 日
資本  96603万円(資本準備等含む)
所在地  東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F
提供サービス
クラウド会計ソフト freee」 https://www.freee.co.jp
「人事労務 freee」 https://www.freee.co.jp/hr
マイナンバー管理 freee」 https://www.freee.co.jp/my-number
「会社設立 freee」 https://www.freee.co.jp/launch/
「開業 freee」 https://www.freee.co.jp/kaigyou
クラウド申告 freee」 https://www.freee.co.jp/advisor/tax-return/
freee カードhttps://www.freee.co.jp/card
freee Developers Communityhttps://developer.freee.co.jp/
「経営ハッカーhttps://keiei.freee.co.jp/
「パラキャリ」 https://parallelcareer.freee.co.jp/

配信元企業freee株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ