2016年9月に“子どもたちの安全のため”という理由で、ブラッド・ピット離婚を突きつけたアンジェリーナ・ジョリー。彼女は離婚の条件として単独親権を要していたため、親権争いで離婚協議が長引いていたが、実質的に敗訴となる可性が濃厚になってきたようだ。

【写真を見る】プライベートでママの顔を垣間見せるアンジー、今後のブラピとの関係は?

アンジェリーナは離婚を決意した理由について、「ブラッドが、機内で長男のマドックス(16)に体的及び精的な虐待を加えたこと」とし、ブラッドの飲ドラッグ使用疑惑などを理由に、彼が子どもたちと会うことを拒否。アンジェリーナは現在も、子どもたちを『マレフィセント』(14)の続編を撮影中のイギリスに同伴させている。

しかし、デイリーメールなどが入手したロサンゼルス最高裁判所の裁判書類によると「マドックス、パックス(14)、ザハラ(13)、シャイロ(12)、双子ノックスとヴィヴィアン(9)が父親との交流を持たないことは危険なことであり、また子どもたちがブラッドと接しても安全であること、そして子どもたちが両親と健全で強い関係を持つことが極めて重要だ」という判断が下されたようだ。

裁判所は、アンジェリーナとブラッドが電話でこのスケジュールについて、2人の精科医とともに子どもたちと話すことを要

ブラッドは、アンジェリーナが借りているロンドンで、6月中旬から10日間、5人のうちの1人か2人の子どもたちと1日に4時間、6月27日から7月1日までは1日に10時間、7月8日から14日までは1日4時間、面会の機会を与えられるそうだ。

そして7月21日から29日までは、ブラッドが新作を撮影中であるロスでの面会が許可されているようだ。29日には、ブラッドが費を払って子どもたちをロンドンに送り届けることと、ロンドンでの面会時には精科医が同伴し、ロスでの面会時は、子どもたちの医師セラピストを同伴させることなどが義務付けられている。

その他、アンジェリーナには、ブラッドに子どもたちの携帯番号を伝え、会話の盗聴を禁じることや、ブラッドとの面会時は、1日1回の電話のみが許可されるなどの判決が下されているようだ。

長男のマドックスについては、年齢の関係から、と過ごすかは自分で決定することができるが、これらの決定によって、これまで一時的に子どもたちの単独親権を手にしていたアンジェリーナが、子どもたちと過ごす時間を削られることになり、彼女にとっては極めて不本意な結果となった。

ブラッドが共同親権を与えられるのは8月11日からで、次回の裁判までの13日までだが、裁判所は子どもたちと父親との関係を非常に重要視していることから、アンジェリーナの要が受け入れられない可性が高くなってきた。この結果を経て、アンジェリーナが不を申し立てれば、事態は泥沼状態になることが予想される。今後の動向にも注していきたい。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)

2016年にブラピに離婚を突きつけたアンジェリーナ・ジョリー