中国では愛国心を持つよう叫ばれる一方で、実際には他移民する富裕層は非常に数多く存在する。中国では以前は北オーストラリアなどが人気移民先であったが、近年ではアジア圏も人気となっているようだ。中国メディアの快資はこのほど、「日本移民した人の籍を見て見ると、最も多かったのは中国人だった」と紹介する記事を掲載し、日本における移民について紹介している。

 記事はまず、経済開発機構(OECD)加盟の統計を引用し、2015年日本移民した外国人の数は前年5万5000人増の約39万人だったことを紹介、その数はドイツ米国英国に次いで世界第4位の規模だったと伝えた。また、日本では近年移民の数が急に増えていて、今や日本移民となっていることを伝え、移民者に対して日本語を教える支援早急められていると分析した。

 では、日本にやってくる移民はどのの出身者が多いのだろうか。記事は、1万人をえている・地域を順番に紹介している。1位中国2位ベトナム、3位がフィリピン、4位が韓国、5位が米国、6位がタイ、7位がインドネシア、8位がネパール、9位が台湾となっていると紹介し、中国人にとって日本は非常に人気のある移民先となっていると伝えた。

 記事が摘しているとおり、近年は日本で働く外国人の姿を至る所でにするようになった。少子高齢化が進む日本外国人労働者依存し始めている。日本は今後ますます少子高齢化が進んでいくことが予想され、中国人を含め、多くの外国人日本移民してくることになるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供123RF

日本はもはや移民大国だ! そしてもっとも多い移民者は中国人だ=中国メディア