同胞のアトレチコ加入読みで決定的に

 アトレチコ・マドリードフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは、バルセロナへの移籍が噂されるなかで、「将来についてもう決断した」と宣言した。アトレチコは、モナコフランス代表MFトマ・レマル獲得で仮合意したとも報じられており、攻撃の刷新が行われることになるだろうと、英衛星放送局「スカイスポーツ」が報じた。

 今季公式49試合29得点を挙げたグリーズマン。UEFAヨーロッパリーグ優勝も果たした27歳のレフティーは、マンチェスター・ユナイテッドからも関心を寄せられていた。だが、同じスペインバルセロナ移籍が濃厚と言われている。

 その去就については、ロシアワールドカップW杯)前に決めるとされてきた。そして、12日にフランス代表の記者会見に出席したグリーズマンは、「今日の将来について話す日ではない」と前置きした上で、「将来についてもう決断した。でも、今日はまだ話さない」と具体的な進展は明かさなかったが、すでに本人の中では意志を固めているようだ。

 そして、この会見が行われた日に、モナコのレマルがアトレチコ移籍で仮合意に達したと報じられた。「スカイスポーツ」は、「レマルの移籍が同胞アントワーヌ・グリーズマンの将来に大きな影を及ぼすかもしれない」と摘。同じレフティーのアタッカー加入は、エース移籍への布石となるだろうか。


Football ZONE web編集部)

バルセロナへの移籍が噂されるグリーズマンは「将来について決断した」と宣言した【写真:Getty Images】