阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長夫)では、2017年の1年間に世界中のプロカメラマンが撮影した報道写真を対に実施する世界報道写真コンテスト世界報道写真財団催、本部:オランダ)の入賞作品を集めた展覧会「世界報道写真2018」を、8月7日(火)から16日(木)までの間、ハービスHALL(大阪市北区、ハービスOSAKA地下2階)で開催します。
今年で61を迎える「世界報道写真展」は、世界中で約100会場を巡回しており、2001年からは、当社が毎年、大阪会場(ハービスHALL)での本展覧会を催(世界報道写真財団、朝日新聞社と共同で催)し、昨年は、約9,100人の方々が訪れました。今回、内では大阪のほか、東京京都滋賀大分でも開催されます。
今、世界で起こっている現実明に捉えるプロ報道カメラマン達。その圧倒的な量と息をのむような緊感が伝わってくる受賞作品の数々は、見る者の心に迫ります。

世界報道写真コンテスト 一般ニュースの部 組写真1位 イヴォール・プリケット(アイルランド) ニューヨークタイムズに提供、2017年7月12日 モスルをめぐる戦闘:イラク軍特殊部隊の兵士によって手当てをうける身元不明の男の子。

【開催概要
 期間:8月7日(火)~8月16日(木)
    11時20時(入館は19時30分まで) 期間中
 会場:ハービスHALL
    (大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA地下2階)
 入場料:
      大人  大学高校中学生  小学生以下
 当日  700円     500円       無料
 前売り 500円     300円       無料

【今年の展示写真について】
 今年の大賞には、フランス通信(AFP)の写真記者ロナルド・シュミット氏が撮影した、炎に包まれる覆面のデモ参加者の写真が選ばれました。
 この写真は、ベネズエラ首都カラカスで、ニコラス・マドゥロ大統領に対する抗議デモ警察機動隊の衝突の場面を捉えたもので、審員からは炎上するベネズエラ徴する写真で、一見て感情が揺さぶられると評価されました。

 「世界報道写真コンテスト2018」では、日本人の応募が約50件あり、残念ながら入賞作品には選ばれませんでしたが、新聞社・通信社・雑誌社などに属するカメラマンや、プロのフォトグラファーが精的に応募しています。

世界報道写真財団及び世界報道写真コンテストについて】
オランダに本部を置く「世界報道写真財団(World Press Photo Foundation)」は、報道写真の重要性と報道自由世界的規模で広げるため、1955年に設立され、「世界報道写真コンテスト」を初め、展覧会、若い写真に対する教育プログラムなどを世界規模で行っています。
世界報道写真コンテスト」は、前年1年間に撮影された報道写真を対に毎年開催されている写真コンテストで、プロ写真であればでも応募でき、今回は125と地域から、73,044点の応募がありました。4,548名に上る応募者の中から、8部門42名の写真が名誉ある受賞を果たしましたが、彼らが写真に写した事実の数々とそのクオリティーの高さは毎年、新たに編成される際審員団によって保されています。

大阪開催における催者等】
 ◆世界報道写真財団、朝日新聞社、阪神電気鉄道株式会社
 ◆協賛 キヤノンマーケティングジャパン株式会社、ゲッティイメージジャパン株式会社
 ◆後援 オランダ王国大使館、大阪府大阪市大阪市教育委員会、
     益社団法人日本写真協会、益社団法人日本写真協会、全日写真連盟
 ◆お問合せ先 ハービスHALL TEL(06)6343-7800


阪神電気鉄道株式会社 http://www.hanshin.co.jp/

リリース http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/6016_3464e3646f8c9ab633f15a01a81e5919137b3f3f.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

配信元企業阪神電気鉄道株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ