小さい子をもつ親にとって、公共交通機関を使っての移動は何かと気苦労が多いものです。「子供が泣き出したらどうしよう」「周囲の迷惑にならないようベビーカーは素く乗り降りさせないと」なんて不安いっぱいのパパママは少なくないでしょう。

 しかも近頃では、一部の親子連れによる悪い例がネットで散々にられることが増えてしまい、「みんなに迷惑かけて申し訳ない」と、より気持ちが萎縮してしまって「子連れで電車バスに乗りづらい……」と感じる人も多いと聞きます。

【さらに詳しい元記事はこちら】

 ところが実際はというと?世間はまんざらでもないよ、という場面を、漫画「戦コミケ」の作者である横山了一さんが1ページ漫画で紹介しています。

 横山さんが撃したというその場面では、電車内のドア付近にいたママ一人、子二人の親子の様子が描かれています。一人は抱っこ、もう一人はベビーカーという姿。

 横山さんは「ママ一人で子供二人か 大変そうだなぁ」とこの様子を眺めていたところ、に到着するやその親子とは反対側のドアが開いてしまったのです。恐らくこのママさんは、少し混雑した内だったために、他の乗客の邪魔をせず素く降りられるよう、降り口側のドア前にあらかじめ立っていたものと思われますが、どうやら降り口側をミスった模様。

 慌てるママさん。素ベビーカーを転回させ、降りようとするも既にドアの前には人が集まっていました。すると……突然割れる人混み。まるでモーゼの割りがごとくドア付近の人たちがパッとわかれて、ベビーカーが優先的に通れるを作ってくれたのです。しかも子が落としてしまった哺瓶をさっと拾って渡してくれるサラリーマンの姿も。

 「最近電車で子連れに冷たい人間が話題になるけど、基本的にはこういう優しい人が大多数だと思う」 横山さんは投稿に、こうコメントを添えていました。

 一部のが大きく拾われてしまうだけで、実際はそんなことばかりではないよという、この場面。筆者も何度か撃したことがあり、電車ホームとの隙間が広いところで何も言わずにすっとベビーカーの足元を持ち上げてサポートするサラリーマンに、見たドヤンキーなのに段差で困っているベビーカーをそっと持ち上げ助けてあげた実は好青年内でママが気づかぬうちに顔芸で子を笑わせてくれてる高校生などなど。

 こういうにする度に思うのですが、世間はそこまで殺伐とした不寛容なものではないなと。これからも互いに互いを思いやれる世の中でありたいものですね。

<記事化協
横山了一@コミケ二巻発売中(@yokoyama_bancho

宮崎美和子)

「子連れに冷たい人ばかりじゃないよ」というお話