(c)NPOひがし大自然ガイセンター

長崎県長崎市 眼鏡


色合いといい、質感といい、これぞイメージ通りのめがね!名前もズバリ「眼鏡」。1634年につくられた、歴史あるアーチ石橋です。日本三名と讃えられる、の重要文化財になっています。近年、対策で修工事をした際に、護ハートの石が20個埋め込まれたそうです。みつけるといいことがあるとか。

東京千代田区 二重


宮中の公式行事のときだけ使われるという皇居です。東京メトロ名でも知られる二重、名前の由来をご存知ですか?の「正門」と手前の「正門石橋」が二重にかかっているのですが、そのせいではなくて、が補強のため二重構造になっていたからだそうです。まんまるのめがねではなく、猫目のようなラグビーですね。

群馬県安中 碓氷第三橋

(c)Shio Narumi

めがねといったら小さなにかかるような可憐なイメージですが、こちらは山間にそびえる鉄道です。煉瓦でつくられアーチとしては、長さ91m、高さ31mと日本最大級のこちら。1892年に完成した126年前のものです。の重要文化財に定されています。既に廃線になっているので、の上は遊歩になっていて、歩くことができます。

沖縄県那覇市 


沖縄琉球王国と呼ばれていたころ、1502年にかけられたというその名も優美なです。琉球石灰岩で出来ていて、中国南部特有の駱駝の背に似た形をしています。めがねに分類されていますが、片眼鏡ですね。手すりである勾欄にはの実の彫刻があるそうです。首里公園にあり、定重要文化財となっています。

北海道上士町 タウシュベツ

(c)NPOひがし大自然ガイセンター


国鉄線のコンクリート高架ローマのような形で、日本ではないようなです。夏が来ると人工の糠が増えてきて、めがねになります。これは今年2018年6月5日写真で、位はの4割ほど。5割まで来るとめがねん丸になります。の底へと沈む時期もあり、一年中みることのできない幻の凍結地震で崩壊が進んでいるそうで、全に幻になる前に会いに行きたいです。


[ながさきネット]
[九州ドライブナビ]
[環境省 皇居]
[あんなか観光ガイド]
[かみしほろ観光情報]
ノスタルジー!全国のめがね橋5選