ナノオプト・メディアは13〜15日、幕張メッセにてデジタルサイネージテーマにした展示会「デジタルサイネージ ジャパン 2018」を開催中だ。Interop Tokyo/Connected Media Tokyo/ロケーションビジネスジャパンAPPS JAPANとの同時開催で、併催イベントと合わせて約14万人が来場予定だ。

そのホール7、8にあるデジタルサイネージジャパン内にて、「ライブエンターテインメントジャパン」も併催。「楽しさ」や「変化」「進化」を元に新たなライブエンターテイメント市場の創出を促進するという的で、昨年のプレビューからさらにゾーンを拡大して実施中の展示会になる。実はPANORAもブースを構えているのだが、それとは別に気になる展示を取材して来たので簡単にまとめていこう。

 
3Dディスプレー

ざっと会場を回ったところ、CESでも毎年話題になっているKino-moの「Hypervsn」やLife is Styleの「Phantom」といった3Dディスプレーが人を引いていた。

仕組みとしては、LEDのついたプロペラを高速回転させて絵にするというもの。複数個を連結させてひとつの大きなディスプレーにすることも可だ。駆動部がほとんど見えず、まるで中に浮いているように見えるのが不思議で多くの人だかりを集めていた。

 
巨大曲面ディスプレー

タケナカ / アークベンチャーズのブースでは、ゲームも遊べる巨大な曲面ディスプレー「HACOBUNE」を展示。

 

2.9mmピッチ50cm四方のLEDディスプレー面に75枚……。

 

底面に36枚敷き詰めている。

 

赤外線を発するセンサーを手につけることでプレイヤーの位置を特定

 

間を飛んで進むゲームを体感可だ。VRゴーグルとは異なり、視界を覆うほどの巨大なディスプレーを複数人での前にできるというのがメリットになる。

 
キャラに触れるディスプレー

 

DSJパビリオン内にブースを構えるエムツーでは、等身大のキャラクターと触れ合える「E-mote Communicator」を使った「ふれあえる♡シアンちゃん」を展示中だ。

SHOW BY ROCK!!」のキャラクターであるシアンちゃんを4K65インチのディスプレーに表示し、触ったところで反応が変わるというコンテンツになっている。東京池袋のP’PARCO3階、または大阪なんばまるい7階のサンリオアニメストアにて展示中だ。またE-moteシステムは「さわれるまいてつ」でも使われている。

 

さらに今回、同じポーズをとることでカウントダウンが始まり、一緒に写真を撮れる新機を追加した。

アプリ制作には、キャラの設定・イラスト・音データ素材が必要になる。機材のレンタル費用は、開発/運搬費別で1日5万円、7日間で12万円、30日間で30万円だ。

 
アバターを介してMRコミュニケーション

エージーエーコーポレーションでは、「MIXED REALITY COMMUNICATION」と題したインタラティデモを展示していた。PANORAとしては、まず使っているARゴーグルが「Meta2」という点だけでグッとくる(しかも4台もある)のだが、あえてHoloLensではなくMeta2を選んだ理由は約90度の視野2560×1440ドット解像度などの点とのこと。

デモとしては、2人1組で横に並んで同じ映像を見ながら体験する。まずテーブルに座ってMeta2をかぶり、2種類からキャラクターを選択すると、斜め前に自分のアバターが現れて、隣の人と向き合う形になる。

そして正面のテレビとも連動しており、テレビの中で向こうからバーチャルキャラが走ってきて、途中でARに切り替わって間に飛び出す演出が入る。そのキャラガイドとして使い方を教えてくれて、間にで絵を描いて相手に渡すというインタラクションが可だ。かわいいアバターを介してコミュニケーションすることで、会話が捗るようになるかもしれない(参考記事)。

 
五感で体験するリアリティ

コーンズ テクノロジーのブースでは、内代理店として展開しているVR関連製品をいくつか展示していた。今年3月から扱い始めたオランダ・センシクスの「SR Pod」は、VRゴーグルをかぶっての視覚や聴覚だけでなく、気温・気流・香り・振動なども体感できる。

利用方法としては、障者のバーチャル旅行精神疾患のリハビリ、不動産・保険広告などを想定している。ボックスの大きさや香りの種類などにもよるが、額的には500600万円ぐらいとのこと。

 

今回はカカを抜けて、チョコレート地を通り……といったチョコの香りと生産地の熱が漂うデモだった。

 

背面のヒーターは、VR ZONEの「ガンダムVR ダイバ強襲」を思い出す。

 

解説パネル

 

ほかにも英Ultrahapticsの代理店を務めており、アスカネット中ディスプレーと合わせて、中にあるボタンを触ると触覚フィードバックが返ってくるというデモや……。

 

スターの手前に手を掲げるとサイネージが反応して触覚フィードバックも得られるというデモも展示していた。

 

解説パネル

 
自動で微笑むVTuberシステム

キッズプレートの「VTuber Live システム」は、会場をざっと見た限りでは一だったバーチャルYouTuberシステムだ。

 

透過スクリーンを加工したアクリルパネルプロジェクターキャラの姿を投影インターネット経由で遠隔ログインして、パネルの上部にあるウェブカメラで観客を認識しながらコミュニケーションできる。

 

ポイントとしては、ディープラーニングを用いた顔認システムで、キャラを自動制御することも可という点。今回は笑顔を見せるとハートが落ちてくるという演出を入れていた。

 
ドローン視しながら情報もチラ見

デジタルサイネージジャパンと同じホールで展開しているロケーションビジネスジャパンでは、ブラザードローン向けヘッドマウントディスプレーAIRSCOUTER WD-300A」を出展。

 

今までドローンの高度やバッテリーなどの情報を見ようとすると手元のディスプレーを動かしていたが、遠方で操作していて粒ほどのサイズになっているときは、再度探すのが面倒なこともあった。

 

そこでAIRSCOUTERを使えば、線を大きく動かさずに情報をチラ見できるようになる。解像度720pで、1m先に19インチサイズのディスプレーが現れる形だ。

 

レキシルアームで見やすい位置に動かしたり、ピントの調節が可。またIP54準拠の防防滴対応というのも業務向けのニーズに対応している。

 
 
……というわけでざっと紹介してきたわけだが、VR/ARは実際に体験しないとわからない部分も多い。ぜひ会場に来て、チェックしてみるべし。

 
 
TEXT by Minoru Hirota

 
 
関連リンク
デジタルサイネージ ジャパン 2018

空中3Dディスプレーやキャラに触れるシステムなど、「デジタルサイネージジャパン」で最先端を体験すべし