デジタル動画に特化したプラットフォーム「Crluo(クルオ)」を展開する株式会社vivito(本社:東京都渋谷区、代表取締役太郎、以下「vivito」)は、2018年7月2日よりロケ地検索ラットフォーム「RS(ロケスタ)」の名称を、「LOCATION FIT(ロケーションフィット/ロケフィット)」に変更することをお知らせいたします。

サービス名称変更の背景
撮影場所を「探す」映像制作会社と撮影場所として「利用を促進したい」物件を繋ぐ、ロケ地検索WEBラットフォームとして、2011年に「ロケスタ」として始まった本サービスは、2018年6月現在、約2,000件のロケ地物件登録・間問い合わせ数400件と、映像制作に関わる多くの皆様にご活用頂いております。
近年、動画制作のニーズは大きく変化し、昨今ではテレビ映画に関係する映像制作会社様だけでなく、WEB動画体とする映像制作会社様や個人での利用なども増加しており、映像制作にまつわる様々なニーズに合ったサービスへのリブランディングを実施するとともに、今後のニーズに適したサービスや遊休施設のシェアリング活用の更なる促進をめざし、サービス名称を変更することとなりました。今回の変更内容は以下の通りです。


■今回の変更点
サービス名称>
変更前:RS(ロケスタ)
変更後:LOCATION FIT (ロケーションフィット/ロケフィット)


FIT(適している)という単の意味から、「今探している撮影場所にぴったりのスペースをご紹介できる」という意味合いと、F=Future/I=Image/T=Takeから、未来映像を撮影するための場所を提供する」という思いを込めております。
利用する制作会社様だけでなく、登録物件オーナー様にも「フィット」したサービス提供するとともに、今後の動画需要にも適したロケーションサービスを展開してまいります。

サービスロゴ
変更前

変更後
サービスドメイン
旧:roke-suta.jp
新:lfiit.com
※上記に伴い、本サービスのお問い合わせメールアドレスも変更となります。尚、お問い合わせ電話番号に変更はございません。

■本サービスのお問い合わせメールアドレス
旧:info@roke-suta.jp
新:info@lfiit.com


<変更日>
2018年7月2日()

7月中は移行期間に付き、一部旧名称が残存する可性が有ります。順次移行致しますのでご了承の程お願い申し上げます。また、今回のサービス名称変更によるサービス内容や料などの変更はございません。

■ロケーションフィットニアプランナー コメント
昨今、映像撮影におけるロケ地のニーズは、多種多様なご依頼が多く見受けられます。私どもはお客様のご要望に応じ、最適なロケ地のご提案をすべく邁進して参りました。この度変更する名称は、「映像撮影に携わる皆様の思い描く未来を形にしていく!」という々の想いを体現しています。今まで培ってきたものを活かし、「ロケフィット」として皆様の更なる期待に応えることのできるサービスの展開に尽して参ります。
これからも変わらぬご顧を賜りますよう、宜しくお願い致します。




デジタル動画に特化したプラットフォーム:Crluo(クルオ)  https://crluo.com/
動画をもっとカジュアルに」「高クオリティでも低コスト・短納期で」というコンセプトのもと、クラウド上でクリエイタークライアントマッチング~制作広告運用まで、3つの機を有するデジタル動画に特化したプラットフォームです。日本国内にとどまらず、韓国においてもシステムの展開をしております。実写アニメーション3DCG/360°動画VR動画など、最先端映像システムを取り入れた幅広い動画制作に対応しております。


株式会社vivitoについて
デジタル動画に特化したプラットフォーム「クルオ」(https://crluo.com/)の運営や、映画テレビCM撮影などの制作会社様向けに、普段は稼働している実店舗やスペースをロケ地として紹介・提供するWEBラットフォーム「RS(ロケスタ)〔7月1日よりLocation FIT(ロケフィット)〕」(http://roke-suta.jp/ec〔※7月1日よりhttps://lfiit.com/〕)を運営、及びロケ撮影をサポートするロケーションサービス業務や自社スタジオ運営など、業界のインフラした業務展開を行っています。

株式会社vivito 会社概要
【社名】株式会社vivito(ビビトー)
【本社所在地】〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-36-8 B棟
【代表者】代表取締役 CEO 太郎
【設立】 2011年9月 【資本】86,055,000円(資本準備含む) 【URLhttps://vi-vito.com/

配信元企業株式会社vivito

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ