2018年F1第7戦カナダGPがサーキット・ジル・ビルヌーブ(4.361km、周回数70周)で開催されました。

詳細画像はこちら

カナダGPの楽しみといえば、予選後にパドック裏手にあるボート会場でF1チームメカニック達が独自デザインいかだレースを繰り広げる「いかだGP」。今年はフェラーリを除く9チームに加えFIAピレリTEAM F1FAN’S TEAMTEAM CANADA GPの14チームがエントリーしました。

レースより熱い(!?)戦いを制したのは、ウィリアムズ!  達成感いっぱいの表情でしたが、本番はこれからですよ~!!

詳細画像はこちら

39の開催となったカナダGPのポールポジションを獲得したのは、セバスチャン・ベッテルフェラーリ)。

2番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)、3番手マックスフェルスタッペンレッドブル)、4番手ルイス・ハミルトンメルセデス)、5番手キミ・ライコネンフェラーリ)、6番手ダニエルリカルドレッドブル)が続きます。

詳細画像はこちら

1周ターン5でカナダ出身のランスストロール(ウィリアムズ)がブレンドンハートレー(トロロッソ)に接触し、ハートレーのマシンの片側がウォールに乗り上げるという、背筋の凍るような出来事がありました。

コースに戻ったものの、ストロールと再び接触し2台ともリタイア。これにより、セーフティカーが導入されました。それにしても、マシンがひっくり返らなくて本当によかった……。

詳細画像はこちら

5周レースが再開すると、大きな混乱もなく順調に進んでいきます。

16周、上位勢で最初に動いたフェルスタッペンハミルトンスーパーソフトタイヤに履き替えました。

詳細画像はこちら

さらにその翌周、猛プッシュしていたリカルドスーパーソフトタイヤに交換し、ハミルトンオーバーカット! ハミルトンの前でコースに戻ったことを確認したリカルドは、「これがやりたかったんだ!」と線で喜びを爆発させます。

詳細画像はこちら

32ライコネンピットイン。同じくスーパーソフトタイヤに交換し、ハミルトンの後ろでコースに復帰しました。ファテストラップを刻みながら前を走るハミルトンに迫るも、なかなかオーバーテイクできません。

詳細画像はこちら

36周にボッタス、さらにその翌周にベッテルスーパーソフトタイヤに交換。この時点での上位勢の順位は、首位ベッテル、2番手ボッタス、3番手フェルスタッペン、4番手リカルド、5番手ハミルトン、6番手ライコネンです。

42周フェルナンド・アロンソマクラーレン)のマシン突然スローダウン。ガレージに戻るも、リタイアとなってしまいました。

300戦の記念すべきグランプリだっただけに、この結果は残念でなりません(涙)。

詳細画像はこちら

サーキット・ジル・ビルヌーブはモントリオールのセント・ローレンスノートダムにあり、に囲まれた美しいサーキットです。そのため、セッション中に動物が飛び出してくることもしばしば。

フリー走行2回リス科最大の動物、ウッドチャックと衝突してしまったロマン・グロージャン(ハース)は、予選でマシントラブルのため最後尾スタートに。「ウッドチャックの祟りでは?」なんて言われていましたが、決勝ではウルトラソフトタイヤ48周走るという驚異のパフォーマンスを見せ、12位レースを終えました。

これで祟り説はなくなったかな!?

詳細画像はこちら

レースは順調に進み、圧巻の走りでベッテルポールトゥウィンフェラーリカナダGPで優勝したのは、同郷の大先輩であるミハエル・シューマッハ2004年振りとなりました。

そしてベッテルにとって50ということもあり、よっぽど嬉しかったのでしょう。ウイニングラン中の線で「タラタラッタッタ~」と口ずさんだかと思えば(何の歌だったんだろう…笑)、何度も何度もジャンプしたり、フェラーリフラッグを受け取って振り回したりと喜びを隠しきれない姿が最高でした。見ているこちらまで嬉しくなって、ニヤニヤしちゃいました。

詳細画像はこちら

レース後のインタビューでは

「パーフェクトなレースだった。ここにきて、このような素晴らしいレースができるなんて信じられないよ。たくさんのファンも集まってくれて、本当にありがとう

奮気味にるも、ドライバーズ・チャンピオンシップについては「まだまだのりは長いけど、良い感じだよね」と落ち着いた様子を見せました。

詳細画像はこちら

カナダGPを終え、ドライバーズ・チャンピオンシップポイントベッテル121ポイントハミルトン120ポイントと順位が入れ替わりました。ベッテルが言うように、シーズンは3分の1が終わったばかり。これからの戦いが楽しみですね!

カナダGPリザルトは以下の通りです(ポイント圏内のみ)。

順位/No./ドライバー/チーム
1/#5/セバスチャン・ベッテル/フェラーリ
2/#77/バルテリ・ボッタス/メルセデス
3/#33/マックスフェルスタッペン/レッドブル
4/#3/ダニエルリカルド/レッドブル
5/#44/ルイス・ハミルトン/メルセデス
6/#7/キミ・ライコネン/フェラーリ
7/#27/ニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
8/#55/カルロス・サインツJr/ルノー
9/#31/エステバン・オコン/フォースインディア
10/#16/シャルルルクレール/ザウバー

yuri

思わず歌いたくなっちゃった!? セバスチャン・ベッテルが50勝目を挙げ、ドライバーズ・チャンピオンシップのトップに【2018年F1第7戦カナダGP】(http://clicccar.com/2018/06/13/598556/)