009644.jpg

ミュージカルシークレット・ガーデン』が、2018年6月11日)に東京シアタークリエにて開幕した。本作は、1911年発表の世界名作“秘密の園”を原作に、1991年にブロードウェイで初演を迎え、同年のトニー賞では助演女優賞、脚本賞、装置賞の3部門を受賞した。日本では、これが初上演となる。初日前日に行われたゲネプロの模様を、舞台写真とレポートでお届けする。

日本初演版のキャストは、石丸幹二、まり、石井一孝、昆夏美松田池田/上垣ひなた(Wキャスト)、大東リキー鈴木椎(Wキャスト)、石多加史、はる、上野哲也、ほか。

(以下、あらすじに触れています)

ミュージカル『シークレット・ガーデン』舞台写真_2

ミュージカル『シークレット・ガーデン』舞台写真_4

物語の舞台は、1900年代初頭。イギリスインドで育った10歳の少女メアリー池田/上垣、ゲネプロには池田が出演)は、両親を流行病のコレラで亡くし、イギリスヨークシャーに住む伯父アーチボルト石丸)に引き取られる。しかし、アーチボルトは最の妻・リリー)を亡くして以来、すっかり気難しくなってしまっており、屋敷には沈んだ空気が漂っていた。

ミュージカル『シークレット・ガーデン』舞台写真_12

庭を散策していたメアリーは、屋敷にある「秘密の園」の存在を知る。リリーが大切にしていた庭園で、彼女の死後にアーチボルトが鍵を掛け閉ざしてしまったという。メアリーは、ふとしたことからその鍵を見つけるが、肝心のが見つからない。

ミュージカル『シークレット・ガーデン』舞台写真_6

ワガママでずっと不機嫌そうにしていたメアリーだったが、メイドのマーサ(昆)やそのディコン(松田)、庭師ベン(石)をはじめとした使用人たちと少しずつ打ち解けていき、明るさを取り戻していく。一方でアーチボルドは、どこかリリーに似ているメアリーを気に掛けながらも、自身の殻から抜け出せずにいた。

ミュージカル『シークレット・ガーデン』舞台写真_17

しばらくして、メアリーは屋敷の中で一人の少年に出会う。それは、アーチボルドリリー息子リン(大東/鈴木ゲネプロは大東が出演)だった。叔父医師のネヴィル石井)の言いつけにより、屋敷の部屋から出ずに暮らしてきたコリンは、足が不自由なひねくれた少年に育っていた。突然現れたメアリーにも、はじめは猛反発していたコリンだったが、遠慮なくぶつかってくる彼女に次第に心を開いていくのだった。

ミュージカル『シークレット・ガーデン』舞台写真_13

ミュージカル『シークレット・ガーデン』舞台写真_5

そんな日々の暮らしの中、メアリーは「秘密の園」のを発見する。それはリリーの不思議な導きだったのだろうか。を開いたメアリーは―。

開幕にあたり、石丸からコメントが届いている。

ミュージカル『シークレット・ガーデン』舞台写真_14

石丸幹二(アーチボルド役)
舞台稽古に入り、演出の“アリマ・マジック”に掛かりながら『シークレット・ガーデン』の世界観がより深まっていくのを感じています。原作小説子ども線で描かれていますが、このミュージカル版は大人物語でもあり、人生の喜び、哀しみを味わえる作品になっています。 アーチボルドという一人の男が、伴侶の喪失から再生していく・・・。しもが経験する親との別れ。人生最大の危機を乗り越えるための鍵が、ここにあります。アーチボルドに心を添わせて観てください。皆さんの心の中に堅く閉ざされたがあるなら、きっと鍵を見つけていただけると思います。

ミュージカル『シークレット・ガーデン』舞台写真_8

まり(リリー役)
原作の「秘密の園」を子どもの頃に読んだことのある女性は多いと思います。ミュージカル版も観れば観るほど心にいてくる作品になりそうだなと、お稽古をしながら日々感じています。一度だけではこの作品の全貌を知ることが難しいかもしれません(笑)。ぜひ何度でもご覧ください。そして、皆様それぞれの人生と重ね合わせて、何かを感じていただけるととても嬉しく思います。劇場でお待ちしております。

上演時間は約2時間40分(休憩20分含)。

ミュージカルシークレット・ガーデン』は、7月11日)まで東京シアタークリエにて上演。その後、神奈川福岡兵庫に巡演する。日程の詳細は、以下のとおり。

東京演】6月11日)~7月11日) シアタークリエ
神奈川演】7月14日(土)~7月16日) 厚木市文化会館
福岡演】7月20日)・7月21日(土) 久留米ティプラザ ザ・グランドホール
兵庫演】7月24日(火)・7月25日) 兵庫県芸術文化センター 阪急ホール

ミュージカル『シークレット・ガーデン』舞台写真_16

ミュージカル『シークレット・ガーデン』舞台写真_9

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部)

009644.jpg