電車バスなどの公共交通機関で移動し、降りてから最終的地までの移動手段が確保できなかった、という状況に陥ったことはないだろうか。

歩くには少し距離ありすぎる、かといってタクシーに乗るのもためらわれる−。そんなときに便利そうな移動ツールが間もなくクラウドファンディンサイトIndiegogoに登場する。折りたたみ式の電動スクーター「Mylo」だ。

・最高スピード時速29キロ

Myloは細い体に前に2輪、後ろに1輪がついていて、自転車のような外観だ。しかし、250Wのハブモーターを内蔵し、バッテリーで走るれっきとしたスクーター。最高スピードは時速29キロとなっている。

最大の特徴は、折りたためること。シート部分を上に引き上げるようにするとフレームが曲がり、前輪の間に後輪が入り込むような形になる。開発元によると、折りたたんだり、広げたりするのには数しかかからないという。

・電車に持ち込める

Myloはコンパクトにたためるので、電車バスなどにも運び込め、行動範囲を広げるのに役立ちそうだ。

たとえば、電車郊外へ行き、その先をMyloで散策するとか、自宅からバス中に向かい、バス停で降りてから会社までをMyloで移動するといった活用方法が考えられる。

ちなみにMyloの重さは21キログラム。航続距離は24キロメートルとなっている。

Myloは6月19日にIndiegogoに登場する見込み。販価格は1499ドル(約16万5000円)を予定しているが、Indiegogoでの期申込では899ドル(約10万円)〜となるようだ。

Mylo

わずか数秒で折りたためる電動三輪スクーター「Mylo」が画期的!