球団誕生15周年プロジェクトの一環、栗山監督も「皆さんと一緒に進んでいきたい」

 日本ハムは13日、8月3~6日に南空知エリアで「サマーベースボールフェエスティバル」を開催すると発表した。

 球団誕生15周年プロジェクトの一環として、三笠夕張市岩見沢市栗山町の4町でイースタン・リーグ公式戦やプロアマ交流戦などを行う。球団の企業理念であるスポーツコミュニティーを食や観光とも融合させ、新たな価値を創造し、地域の活性化に貢献することが狙いだ。

 記者会見に出席した栗山英樹監督栗山町在住。「いつもご飯を食べたり、温泉に入ったり、お世話になっている地元です。皆さんと一緒に進んでいきたいと思っています」とイベントの成功を願った。

 イベントは以下の通り。

8月3日
◯熱!ホットサンド!プレゼンツ「稲葉篤紀軍団vsサンドウィッチマン軍団」(三笠球場12時試合開始)

◯サマーベースボールフェスティバル交流会(ゆうばり文化スポーツセンター18時開演)→荒木大輔ファーム監督稲葉篤紀スポーツコミュニティー・オフィサー、OBの岩本勉氏らがスペシャールトークショーや抽選会を実施

8月4日
イースタン・リーグ公式戦「日本ハムvs西武」(夕張・サングリンスタジアム、13時試合開始)

8月5日
イースタン・リーグ公式戦「日本ハムvs西武」(岩見沢市球場12時30分試合開始)

8月6日
北海道プロアマ交流戦日本ハムvs北海道社会人大学選抜」(栗山町民球場12時試合開始)

8月3~5日】ファイターズベースボールアカデミー「サマーキャンプ」(三笠夕張市岩見沢市

8月4~5日】ファイターズダンスアカデミー「サマーキャンプ」(夕張市)(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

日本ハムが開催する「サマーベースボールフェエスティバル」記者会見の様子【写真:石川加奈子】