豊かな食や自然が魅北海道

せっかく旅行するなら有名な観光地も良いけど、地元の方がおすすめする場所へ行ってみたいですよね。

そこで、クナウマジン(ソーゴー印刷株式会社Slow Life HOKKAIDO編集部の飯諒子さんに、北海道のおすすめの場スポットをうかがいました。

【黒松内町】ブナの森/道央エリア

今なお手つかずの自然が残る『歌才ブナ』。

に入っていくと、一本一本の木がスッと高く、幻想的な雰囲気に包まれます。にはに色づく紅葉も一見の価値あり。

sogo-01

北海道のおすすめ観光場スポット/Slow Life HOKKAIDO

近くにある黒松内町ブナセンターに立ち寄れば、ブナ材のおもちゃに触れたり、ブナの木で作られた手回しオルガンの音色を聞いたり、さまざまな木工体験もできます。ガイド付きのツアーもおすすめです。

アクセス新千歳空港からで約3時間、函館空港からで約2時間

【雨竜町】雨竜沼湿原/道央エリア

雨竜沼湿原は、暑寒別売焼(しょかんべつ てうりやぎしり)公園内、標高850mにある湿原。自分の足で2時間ほど山を登った先にあり、行くにはちょっとした覚悟が必要です。

それでも、登り切った先に開ける風景、生態系の織りなす自然の美しさをにすれば、疲れが一気に吹き飛びます。

sogo-02

北海道のおすすめ観光場スポット/Slow Life HOKKAIDO

6月下旬~10月中旬のシーズン中には150種ものが咲き、内の山地湿原としては最も生育植物の多い場所。

湿地内に設置されている木をのんびりと進み、展望台でひと息つけば、深いに包まれて体も心も癒やされていくのが感じられます。

アクセス札幌駅からで約3時間20分、旭川駅からで約2時間40

【上士幌町】東雲湖/道東エリア

東雲(しののめこ)は、然別の東側にある小さなで、「オコタンペ」「オンネトー」と共に北海道三大秘のひとつとされています。

原生ではさまざまな高山植物を見ることができ、普段にする植物とは少し違った色や形が、不思議なムードをつくり出しています。

sogo-03

北海道のおすすめ観光場スポット/Slow Life HOKKAIDO

運が良ければ「氷河期の生き残り」とも言われるナキウサギの姿をにすることができるかもしれません。また、陸ルートも良いですが、シーカヤックで然別を横断し、に進むルートもおすすめです。

アクセスとかち帯広空港からで約1時間30分、帯広からで約1時間15分

【羅臼町】羅臼温泉 熊の湯/道東エリア

熊の湯へ行くにはを渡り、まさに「秘湯」と呼ぶにふさわしい場所。

男女が分かれて入浴できる、無料露天風呂です。羅臼から知床へ続くの途中にあり、地元の漁師たちやツーリング中の旅人にもよく利用されています。

sogo-04-2

北海道のおすすめ観光場スポット/Slow Life HOKKAIDO

の中の無料露天風呂には管理がされていない場所もありますが、の湯は隅々まで掃除が行き届いています。5時~7時の清掃時間を除いて24時間営業。

地元民にされ、外から来た旅人も温かく迎えてくれる秘湯です。

アクセス:女満別空港からで約2時間

【豊富町】サロベツ原野/道北エリア

サロベツ原野は、道北日本海側のドライブコースオロロンライン沿いにあります。からにかけて北ならではの動植物が見られ、は一面の大原でスノーシュー散策ができるなど、四季を通じて楽しめます。

sogo-05

北海道のおすすめ観光場スポット/Slow Life HOKKAIDO

特に、7月上旬にしか見られないエゾカンゾウ花畑は圧巻のひと言です。

サロベツを代表するのひとつであるエゾカンゾウは、ひとつのの命は1日とく、連日新しいが次々と咲いているのです。花畑の向こうに浮かぶ利尻富士シルエットも、サロベツ原野を徴する絶景です。

アクセス稚内空港からで約50

自然に近い風景が楽しめるとして、世界的にも注されている北海道。どこまでも続く広大な大地が魅ですが、移動時間が長くなるのも特徴です。

事前理のない計画を立てて、北海道を満喫してくださいね

地元誌編集者おすすめ!北海道の自然を堪能できる穴場の観光地5選