大河ドラマ西郷どん」(毎週日曜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の新出演者11名の発表会見が東京渋谷NHK放送センターで行われ、演の鈴木亮平黒木華小栗旬、そして、新しく出演が発表になった水川あさみ柏木由紀、迫田孝也、田上吉が登壇した。

【写真を見る】お龍の言葉を聞く姿もワイルド!

主人公西郷吉之助(盛、鈴木)の波乱万丈な生涯を描いている同作。7月15日(日)以降の放送回からは、一慶喜(松田翔太)、勝舟(太郎遠藤憲一)、桂小五郎(玉山鉄二)、岩倉具視(笑福亭鶴瓶)など、下を揺るがす英傑たちが登場し、吉之助に影を及ぼしていく“革命編”に突入する。

同日は、寺田屋事件で重傷を負った坂本龍馬(小栗)が、療養のためお()とともに薩摩西郷を訪れるシーンの撮影が行われ、出演者たちはその撮影スタジオセット内で取材に応じた。

ワイルド衣装を身に着けた小栗の姿は、この日が初披露。鈴木は、小栗の姿を「上がりのサーファーみたい(笑)」とイジり、記者たちの笑いを誘う。しかし、“革命編”に登場する数々の出演者たちについて「(小栗を含め)とにかくみんな色っぽいんです! 色気がむんむんしていて、スタジオに色気が充満しています」とアピールした。

小栗は、「『西郷どん』の坂本龍馬は、“商売をしたい”という思いが色濃く描かれているので、冒険みたいな人物に見せられたらと思いながら演じています」と役での演技のポイントを明かす。

さらに、鈴木について「くんとお芝居をさせてもらうのは10年以上ぶりくらいになります。1年近く吉之助という役と向き合っているくんの、非常に大きな存在感を感じながら撮影しています。吉之助の中に、考え方が変わるような(影を与えるように)、坂本龍馬が残っていけばいいなと思います」とった。(ザテレビジョン

“色っぽい”と絶賛された小栗旬