読売ジャイアンツ岡本和真選手(21)について、ある野球選手と顔が似ていると摘したツイッター投稿が話題になっている。

その選手は、よりによってあのチームの選手だった...

「本当によく似てますね!?」

岡本選手は、今季から1軍に定着し、2018年6月3日の対オリックス戦ではプロ初の4番に座っただけでなく、自身初の2ケタ本塁打を記録するなど、く間にジャイアンツの顔の1人となった。

そんな中、ある一般ユーザー6月10日ツイッターで、岡本選手と似ているプロ野球選手がいる、と摘した。その内容は、

岡本和真巨人)は最近覚ましい活躍してるし、戦死した伝説の選手、景浦將にめちゃくちゃ似てるしに生まれ変わりなんじゃないかと最近思ってる」

似ている相手とされたのは、景浦將(かげうらまさる)選手だ。1936年に当時発足したばかりの日本プロ野球大阪タイガース現在阪神タイガース)に入り、現在大リーグエンゼルス大谷翔平選手のように二刀流を実践し、投打にわたって活躍する。特に打者としての評価は高く、戦前東京巨人軍現在読売ジャイアンツ)の大エース沢村栄治選手のライバルとされた。40年に一度引退し、43年に現役復帰、翌44年に応召され、45年に戦地で亡くなった。65年に、野球殿堂入りを果たしている。

摘をした投稿野球ファンも、

「本当によく似てますね!?
「顔がよく似てる」

と賛同するコメントが見られた。

また、選手はタイガース伝説であるのにも関わらず、岡本選手がよりによってジャイアンツの所属であることにも反応があった。

「生まれ変わりはライバル球団に入団しちゃったわけですね」。
景浦將選手(Wikimedia Commonsより。作者:たいすけ55さん)