押切蓮介原作によるテレビアニメハイスコアガール」のエンディング題歌が、やくしまるえつこの楽曲「放課後ディストラクション」に決定した。

【大きな画像をもっと見る】

以前からインタビューで、「大野さんの心を代弁してくれる歌をもった人は、やくしまるさんしかいない」と述べていた押切。このたびの題歌決定も押切のオファーによるもので、押切は「直々に頼んで本当に大正解でした。他のミュージシャンに託さなくて本当に良かった。彼女の気持ちを超絶キューティカルににしてくれました」とコメントで喜びをあらわにしている。

放課後ディストラクション」は8月22日に、CD7インチレコードの2形態でリリース。同曲の演奏にはやくしまるに加え、彼女友である相対性理論永井一、山口も参加。押切もジャケットアートワークに協する。

ハイスコアガール」は格ゲーブーム全盛の1990年代を舞台に、ゲーム好きの主人公ハルオと、お嬢様だが格ゲーが強い大野を中心に繰り広げられるラブコメディアニメ7月13日より、TOKYO MXほかにて放送される。

押切蓮介コメント

やくしまるさんは大野さんの心の代弁者。若しくはミュージシャンになった大野さんそのものでねぇのか。
直々に頼んで本当に大正解でした。他のミュージシャンに託さなくて本当に良かった。彼女の気持ちを超絶キューティカルににしてくれました。
可愛いシラベにミソをコチョコチョ擽られて最高です

アニメ「ハイスコアガール」キービジュアル