テレビ朝日系にて放送され、日曜をにぎわす2大ヒーローとして話題沸騰中の「仮面ライダービルド」(毎週日曜9時~)と「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(毎週日曜9時30分~)の劇場版、「劇場版仮面ライダービルド Be The One」/「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーen film」が2本立てで2018年8月4日(土)に開される。その製作発表会見が、開に先駆けた6月12日(火)に、丸の内TOEIにて実施された。

【大きな画像をもっと見る】


会場では、「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーen film」から、伊藤あさひさん(利 / ルパンレッド役)、正悟さん(宵町透 / ルパンブルー役)、工藤遥さん(見初美 / ルパンイエロー役)、結木滉さん(圭一郎 / パトレン1号役)、横山さん(陽咲也 / パトレン2号役)、奥山かずささん(明神つかさ / パトレン3号役)、元木也さん(高尾ノエル / ルパンエックス役)、そして杉原監督が登壇。
また、「劇場版仮面ライダービルド Be The One」からは、丈さん(桐生戦兎 / 仮面ライダービルド役)、楚衛二さん(万丈龍我 / 仮面ライダークローズ役)、高田夏帆さん(石動美空役)、武田航平さん(猿渡一海 / 仮面ライダーグリス役)、越智友己さん(内海成彰役)、裕可里さん(滝川紗羽役)、水上さん(氷室幻徳 / 仮面ライダーローグ役)、そして上堀内佳寿也監督ら、各作品のレギュラー監督が登壇した。

さらに本会見には、劇場版ゲストキャストとして、「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーen film」ゲストキャラクターエルロック・ショルメ役のココリコ田中直樹さん、「劇場版仮面ライダービルド Be The Oneゲストキャラクター賢剛 / 仮面ライダーブラッド役の勝村政信さん、郷原臣 / ゼブラロストスマッシュ役の藤井隆さんが、全員劇中と同じ衣装で登壇。これまでに包まれていたストーリーの一端が明らかになる予告編の上映のほか、キャスト一同が劇場版での役どころについてったり、両ヒーロー初の単独映画となる劇場版にかける熱い思いもられた。


会見は「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film」を取り上げた第1部と「劇場版 仮面ライダービルドBe The One」を取り上げた第2部との2部構成となっており、まずは東映取締役およびテレビ第二営業部長白倉伸一郎さんが登壇し挨拶が行われた。


連綿と続いていた仮面ライダーシリーズスーパー戦隊シリーズについて、毎年手を変え品を変え、趣向を変えてきたからこそ続いてきたとり、本2作についても並々ならぬ自信を見せる倉さん。両作品とも、監督には30代の新進気鋭の人を起用しており、これまで積み上げてきたものを生かしつつ、若い感性を生かした作品となっているとのこと。
また、例年だと長いサブタイトルがつくことが多いのだが、今回は「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(以下、「ルパパト」)については「en film」、「仮面ライダービルド」(以下、「ビルド」)も「Be The One」とサブタイトルは短くなっている。タイトルを聞いただけでは内容まではわからないが、「ルパパト」については「怪盗警察という、作品の一番面エッセンスを取り出したもの」、そして「ビルド」については主人公桐生戦兎がなぜ戦うのか、なぜ「仮面ライダービルド」というヒーローが生まれたのか、主人公の出生の秘密やモチベーション、人間そのものをえぐり出す内容になっているとりつつも、「この一番の業にしたい」というプロデューサーのよこしまな気持ちもこめられていると発言して会場を笑わせていた。

スーパー戦隊シリーズ前作の「宇宙戦隊キュウレンジャー」は宇宙バトルもの、仮面ライダーシリーズ前作の「仮面ライダーエグゼイド」はVRと、両作とも仕掛けものとなっていたが、今回はそれぞれの自信作であり、一番面いところを掘り出した「シリーズを代表する作品にしたい」という思いを込めたタイトルとなっているとのこと。


そしていよいよ第1部、「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film」から、メインキャストが登壇。ゲスト田中さんは今回イケメン名探偵役ということで、普段イケメンを演じることは滅多にないと発言すると、工藤さんから「田中さんイケメンですよ」とフォローが入り、照れ笑いするひと幕も。


自身はスーパー戦隊シリーズ初代の「秘密戦隊ゴレンジャー」から、そして「炎神戦隊ゴーオンジャー」からは子どもと一緒に視聴していると戦隊ヒーローへのった。しかし周りからは「最終的にはタイキックでやられるんじゃないの?」と年末に出演している番組恒例のネタでいじられていると話し、会場を笑わせていた。

本作では素面(面をつけず演技・アクションをすること)で演技することが多かったというWレッドの2人については、TVシリーズにはないを割って話をするシーンもあるそうで、劇場版ならではの見どころがちりばめられているようだ。

結木さんからは「劇場版ならではのダイナミック戦闘シーンと、そこに至るまでのストーリーも濃く、一回観ただけでは気づけない部分もたくさんあると思いますので、何度も観ていただけたらうれしいです」とのコメント。そして伊藤さんは、「史上初のW戦隊の、初の映画作品です。本編ですが、追加戦士も加わって、映画になってもっとになりました。ぜひ劇場でご覧ください」とコメントした後、「『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーen film』が大ヒットをいただきます」と怪盗らしく予告状を出して会見を締めくくった。


続いて行われた第2部は、ゲストキャラクターの勝村さんと藤井さんが終始漫才のようなやりとりで会場を笑わせた。


途中、才賀涼香 / シザーズロストスマッシュを演じた松井さんからのコメントVTRも上映され、オファーを受けた際の気持ちや役についてったほか、ファンへ向けたメッセージも送られた。


北九州での大規模ロケが話題となった本作だが、その撮影はエキストラ3,000人、北九州市役所道路7時から16時半まで全封鎖し、9時間30分にも及ぶロケが行われたという。

そんな本作に出演しての感想を尋ねられたゲストの2人だが、勝村さんは、「年も年だし……」と変身ポーズを辞退してしまったことを今になって後悔しているそう。「仮面ライダーシリーズを初代から見ているという勝村さんは、子ども時代の自分に55歳を前にして「仮面ライダー」に出演していることを教えてあげたいと喜びの気持ちをった。


藤井さんは本作への出演が決まった際、自分が思っている以上に周囲からの反があったそうで、「どんな役なのか、変身するのか、敵なのか味方なのか」などさんざん尋ねられたあげく、試写会のチケットまでせがまれたと会場を笑わせたほか、台本については、新幹線の中など共の場はおろか、でもできるだけ見ないようにしていたと、本作へかける熱い思いがにじむエピソードを披露した。


本作に出演するキャスト、そして監督に、成長を感じる点が尋ねられると、「変身がうまくなった」と笑いをとる飼さんと楚さん。そんな2人や他のキャストに向けて上堀内監督からは「作品に臨む姿勢なども含め、全体的にレベルアップしてきてくれている」と、TVシリーズや「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」など、さまざまな経験を経て成長していると太鼓判が押された。

最後に飼さんから「このもっとも熱い映画になっています。暑いベストマッチ映画ですので、ぜひ劇場に足を運んでください」と熱いメッセージを送られた。

劇場版仮面ライダービルド Be The One」/「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーen film」が2本立てで8月4日(土)に開となるので、ぜひ劇場に足を運んでいただきたい。


【商品情報

プレミアムセット前売券
・発売日:7月7日(土)
・劇場口にて(一部劇場を除く)発売

■【ビルドver.】DXゴールドラビットフルボトルシルバードラゴンフルボトル
合計2.5万個限定
・価格:3,400円(税込)
・内容:特製ビジュアル親子ペアムビチケプレミアアイテム2種セット

■【ルパパトver.】VSビークルlite ミュージックセット
合計1.5万個限定
・価格:3,200円(税込)
・内容:特製ビジュアル親子ペアムビチケプレミアアイテム2種セット

 

【作品情報
開日:8月4日(土)

■「劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)」


東都、西都、北都。3つの首都が繰り広げた戦争は終わった。パンドラタワーには新政府が立。3つの首都には、これまでの首相に代わってそれぞれ知事が置かれ、平和のための新体制が確立された―――はずだった…。

だがそれは、仮面ライダービルド桐生戦兎を撲滅するための、隠された真実へとつながる璧な計略だった!
最高の相棒を失い、最悪の状況から導き出された答えは、奇跡法則

なぜビルドドライバーには2本のボトルが必要なのか。
なぜ仮面ライダービルド/桐生戦兎は闘うのか。答えは、ただひとつ。
「絶対にできる……。お前なら……。さぁ、最後の実験を始めようか。」


■「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(アンフィルム)」


全てのギャンラー犯罪の消滅と、ルパンレンジャーの正体を暴くため来日した名探偵エルロック・ショルメ。ギャンラーからの襲撃に備え警備するパトレンジャーと、ギャンラーを狙って登場したルパンレンジャー。快盗VS警察…VS探偵!?三つの混戦のなか、レッド1号異世界にさらわれた!?

陰謀をかいくぐり、ピンチを切り抜ける術は、絶対の決意を抱く2人の共闘!
厄介な”快盗と“面倒くさい”警察。“ありえない”コンビが立ち上がる!


劇場版「ビルド・ルパパト製作委員会 (C)石プロテレビ朝日ADK東映 (C)2018テレビ朝日東映AG東映


>> 予告状が届いて大ヒット間違いなし!?「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」&「仮面ライダービルド」、劇場版製作発表会見レポート! の元記事はこちら
予告状が届いて大ヒット間違いなし!?「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」&「仮面ライダービルド」、劇場版製作発表会見レポート!