レンジャーズ地元が特集、負傷で「『胸を撫で下ろしている』と考えてはならない」

 グレード2の右肘内側側副靱帯損傷で8日(日本時間9日)に故障者リストDL)入りしたエンゼルス大谷翔平投手。すでに多血小板血漿(PRP)注射と幹細胞注射を受け、3週間後の再検後、その後の治療方針を決める予定となっている。10日(同11日)には一部メディア靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)が「必要」とレポート。しかし、11日(同12日)にはエンゼルスビリー・エプラーGMマイク・ソーシア監督がこの情報を否定した。いつ復帰できるのか、再検の結果が出るまでは不透明な状況だ。

 そんな中、オフ大谷争奪戦に参戦していたレンジャーズの本拠地テキサス州アーリントンの地元スターレグラム」が特集記事を掲載。獲得に本を入れていたほとんどのチーム大谷に負傷のリスクあることを知っていながら、その圧倒的な魅に惹かれ、契約を熱望していたと伝えている。

 昨年12月大谷エンゼルス契約した直後に、メディアがある情報を伝えていた。同10月大谷の右肘にグレード1の靭帯損傷が見つかっており、予防のためにPRP治療を行っていたというものだ。

 今回、「スターレグラム」は「オオタニはトミー・ジョン手術が必要になるのかもしれない。レンジャーズは胸を撫で下ろしているだろうか?」とのタイトルで特集記事を組んだ。その中で「オオタニが2020年まで再び登板しない可性はある。しかし、レンジャーズを含めたオオタニ獲得競争で”2番手”に付けていた6チームが、『胸を撫で下ろしている』などとは考えてはならない」と摘。そして、以下のように言及している。

「彼らはそれぞれオオタニの医療記録を受け取っており、それでもなお、オオタニを追いめていたのだ。レンジャーズは医療記録を確認して以降も何の心配も抱かなかった」

「オオタニと契約することは、リスクを冒す価値が十分にあったのだ」

 つまり、レンジャーズを含めたほとんどの球団が大谷の右肘にグレード1の靭帯損傷があることを知っていながら、獲得をためらうことはなかったというのだ。同は「彼はき才を持った選手であり、剛速球を投げる右腕であるとともに強打の左打者である。そして、彼はまだ23歳だ」とあらためて大谷を絶賛。そして、「オオタニと契約することは、リスクを冒す価値が十分にあったのだ」としている。

 大谷は開幕から投打両方で圧倒的なパフォーマンスを見せた。エンゼルス二刀流を活かすため、6人制ローテーションを採用。同は、もしレンジャーズ大谷を獲得しても「同じことをしていただろう」と予想している。それだけ、そのは高く評価されていた。

レンジャーズがオオタニを逃したことを幸運だと思っているだなんて、思ってはいけない。彼らはリスクを承知で、それでもなお彼と契約を結ぶことに、実に意欲的だったのである」

 今回の負傷で、争奪戦に敗れた球団がほくそ笑むようなことはないと、同。その才に惚れ込んだ人々は、敵味方に関係なく、大谷が万全の状態で戻ってくることを待っているようだ。(Full-Count編集部)

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】