ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 3rd LoveLive! Tour ~WONDERFUL STORIES~」が、ついにスタートした。今回は大阪演、福岡演へと続く、ツアー初日となる2018年6月9日埼玉演(メットライフドーム)を取材。2度となるメットライフドームで、伊波杏樹さん(高海千歌役)、逢田梨香子さん(桜内梨子役)、諏訪ななかさん(松浦果南役)、小宮有紗さん(黒澤ダイヤ役)、斉藤朱夏さん(渡辺 曜役)、小林愛香さん(津島善子役)、高槻かなこさん(国木田花丸役)、鈴木愛奈さん(小原鞠莉役)、降 愛さん黒澤ルビィ役)ら、Aqoursアクア)の9人はキラキラパフォーマンスを見せてくれた。


【大きな画像をもっと見る】

そのライブタイトルから、アニメラブライブ!サンシャイン!!」の第2期のストーリーを追うような展開になることは予想されていたが、想像以上の再現度の高さだった。「ラブライブ!」のファンは、コンテンツに対するがものすごく深いと思っている。歌っている声優さんへの情はもちろん、そこにキャラクターも重ねて見ていて、そのどちらも応援しているという感じだろうか。それは映像とのシンクロ感という、このシリーズがずっと掲げていることに対するファンからのアンサーなのかもしれない。

 

メットライフドームを埋め尽くした観客たち。Aqoursメンバーが姿を現すと、TVアニメ2期のオープニングテーマ未来の僕らは知ってるよ」から々しくライブスタートする。ステージに一直線に並び、最高の笑顔ダンスで躍動するメンバーが、あっという間に会場をひとつにしてしまった。2曲の「君の瞳を巡る冒険」も、メンバーそれぞれの表情と表現が素らしかった。

 


おなじみの自己紹介を終えると、その圧巻の色に手を振って応えるメンバー。この会場は2度となるのだが、やはり何度見てもその迫は変わらないようだ。斉藤朱夏さんのとびきりキュートボーカルから始まった「“MY LIST” to you!」は、みんなそれぞれがかわいらしくて、会場をとろけさせる。さらに映像とともに和ロック「MY 舞TONIGHT」へと繋がり、そのシンクロもさすがだった。そしてデビューシングル君のこころは輝いてるかい?」をアニメPVとともに披露。やはりというべきか、会場を揺らすようなものすごいかけだった(さすがにドームは揺れなかったが…)。

 

そして幕間には、アニメの1話からのダイジェストが流れる。こうやって見ていくと、「ラブライブ!サンシャイン!!」はエモい名言の宝庫だ。特に千歌。そんな言葉の数々にグッと来ていると、TVアニメ2期第6話挿入歌「MIRACLE WAVE」へ。ここでは作中で千歌が披露したバク転を、伊波さんが全再現! これには会場からも大きな歓があがった。曲が終わると、メンバーが一気に彼女のもとに集まったが、全員の息が上がっている様子が、ヘッドマイクごしに聞こえてきた。それくらい、全員が消耗するハードな1曲ということを物語っていた。

 

 

そのあとはソロパート。まるでミュージカルを見ているかのような優ダンスを披露した伊波さん。トロッコ笑顔を振りまいていった高槻さん。中二全開で4つ打ちEDMを熱唱した小林さん。最後は心をこめてバラードを歌い上げた田さんと、BDの特典楽曲を披露していく。

 

その後は再びストーリーをなぞるようにライブは進んでいく。7話の挿入歌「空も心も晴れるから」、幻想的な雰囲気の中歌われた「SKY JOURNEY」、そしてライブで盛り上がる2ndシングル恋になりたいAQUARIUM」と立て続けに披露して盛り上げていた。

 

そして再びのダイジェスト映像。ここで函館女子高等学院のスクールアイドルSaint Snowである鹿角良役の田野アサミさん、鹿角役の佐藤日向さんがステージに登場! 第2期9話で描かれた、Aqoursとのグループの垣根をえたユニットSaint Aqours Snowライブが再現される。11人での「Awaken the power」には、会場のボルテージも尋常じゃないほど高まっていた。まさにアニメ世界リアルを行ったり来たりするライブだ。さらに物語は進んでいき、12話のラブライブ決勝で歌った「WATER BLUE NEW WORLD」のシーンへ。ここも衣装含めて全に再現、物語の内容含めて、とても感動的なシーンとなった。

 

 

ラブライブ決勝で優勝したAqoursにもう1曲披露していただきます!とアナウンスされて歌ったのは、TVアニメ1期のOP題歌「青空Jumping Heart」! 観客も残るを振り絞って大きなを出し、手を振りながら盛り上がり、ライブ本編は終了した。

 

アンコールでは大きなトロッコに乗って会場を大きく1周。「Landing action Yeah!!」で半周移動、そして「勇気はどこに?君の胸に!」で再びメインステージに戻ったのだが、それだけ大きな会場なんだなとあらためて思い知った。

そしてAqoursからは嬉しい情報がどんどん発表となる。11月東京ドーム演、テーマソングCDの発売、劇場版ラブライブ!サンシャイン!!」が2019年1月4日より開、さらにアニメーションPV付きのAqours4thシングルの発売。どれもが観客を歓喜させていた。


「私たちに会いに遠いところから来てくれる人っていっぱいいると思う。それってすごいことで、Aqoursってすごいな!って思います。だからこそき続けないといけないし、努は絶対怠っちゃいけないってすごく思います」と最後に伊波さんがる。その努の成果を明していただけに、会場からは大きな拍手が起こる。そして「この9人でよかった」とって本当の最後の曲として歌ったのは、TVアニメ2期の第13話題歌であり、このツアータイトルにもなった曲「WONDERFUL STORIES」。最後の最後まで最高の笑顔で歌い切り、ツアー初日を駆け抜けていた。

 


(取材・文/塚越一)


>> アニメ第2期をステージで再現! 「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 3rd LoveLive! Tour ~WONDERFUL STORIES~」埼玉公演レポート! の元記事はこちら
アニメ第2期をステージで再現! 「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 3rd LoveLive! Tour ~WONDERFUL STORIES~」埼玉公演レポート!