取材:Qマイン

2018年10月4日に全世界で同時発売されるカプコンの最新作『ロックマン11 運命の歯車!!』(以下、『11』)。プレイステーション4ニンテンドースイッチXbox OnePCSteam)の4ハードで発売され、幅広いプレイヤーが遊べるようになっている。今回、筆者がプレイしたのは、ヒューズマンステージと、世界最大のゲームイベントE3エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ2018でプレイアブル出展されたブロックマンステージのふたつ。本記事では、新要素のダブルギアシステムとふたつのステージメインにお届けしていく。


【画像42点】「『ロックマン11 運命の歯車!!』プレイインプレッション 新要素“ダブルギアシステム”がアツイ!【E3 2018】」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

 悪の科学Dr.ワイリーが、装備したロボットを飛躍的にパワーアップさせる代わりに、過大な負荷も強いる禁断の装置“ダブルギアシステム”の開発に成功。それを使って平和ロボット社会に再び混乱をもたらそうとしている。プレイヤーは、ロックマンを操り、8つのステージに潜むボスを撃破し、Dr.ワイリーの野望を阻止するために奮闘することとなる。



世界中を熱狂させたロックマンが帰ってきた!


 最初に操作して感じたのが、「ロックマンが帰ってきた」という安心感と懐かしさ。本作は最新ハードリリースされ、さまざまな点で従来の『ロックマン』よりも大幅なパワーアップを遂げている。『9』や『10』であったドット調をし、新システムも導入されている。しかし、ファミコンスーパーファミコンのころと同じような感覚で遊べるので安心して欲しい。ピョンピョンと跳ねながらロックバスターを連射して、ザコ敵ギミックに苦戦しながらボスにたどり付く。そしてボスを倒して特殊武器を手に入れ、つぎのステージ攻略する。この一連の流れがとても懐かしく、最新ハードでそのままったかのような印を受けた。


ロックバスター、チャージショットジャンプ、スライディング、ラッシュコイルといった基本的なアクションは昔とまったく変わらない。大きく変わった点はふたつ。特殊武器装備中ロックマンと、ダブルギアシステム(後述)。ボスを倒したときに得られる特殊武器を装備すると、ロックマンの色だけではなく、見たも変化するようになった。これのおかげでボスの特殊武器をゲットする楽しみがより一層増した。




 『ロックマン』といえば、1987年ファミコンで発売され、以降、アクションゲームとして多くのファンに親しまれている。その理由のひとつが、ゲーム難度の高さ。アクションゲームの中でもごたえがあり、トライ&エラーをくり返してプレイヤー自身が成長していく、そこが『ロックマン』の醍醐味と言っても過言ではない。しかし、なかには「難しい」と、コントローラーを投げた人もいたはず。




 そういったさまざまなプレイヤーのために、本作では、“NEW COMER”、“ADVANCED”、“ORIGINAL SPEC.”、“EXPERT”という4つの難易度が用意されている。初めて遊ぶ人は、“NEW COMER”で『ロックマン』というゲームのおもしろさを、まずは体感して欲しい。このモードでは、敵の耐久低下などの要素があり、じっくりとステージ攻略に打ち込める。過去シリーズを遊んだ人は、“ADVANCED”、“ORIGINAL SPEC.”がオススメ。“EXPERT”は……相当難しいらしいので、ほかの難易度クリアーしてから遊ぶほうがいいかもしれない。


ダブルギアシステムでも魅せプレイ


 ダブルギアシステムとは、ロックマンの新たな。機動を上げることで、相対的に周囲の動きが遅く見える“スピードギア”、ロックバスターやチャージショット、特殊武器が強化される“パワーギア”、そしてロックマンの体が少なくなったピンチのときにだけ使える“ダブルギア”の3種類が用意されている。ボタンひとつでギアオンオフができるので、自分の好きなタイミングで発動可ボスからもらえる特殊武器と違って、発動するとロックマンの頭の上にゲージが出現し、このゲージが最大になるとギアオーバーヒートしてしまい、一定時間に使用不となる。




 このシステムがとにかく便利で、息をするかのごとくギアを切り換えて遊んでしまう。ギアを切り換える際、ロックマンが「スピードギア!」、「パワーギア!」といったようにギアの名前を叫ぶのだが、今回の試遊では終始ロックマンが叫びっ放しだった。なぜ、そこまで使ってしまうのか。先ほども書いたが、ボタンひとつで切り換えられるのが大きい。ジャンプロックバスターと同じ感覚で発動できるので、「危なくなったらとりあえず!」みたいな感じで使えちゃう。オーバーヒートという概念があるものの、オーバーヒートする前に解除すれば、時間経過でゲージが回復するので、1回の発動で長時間使わなければオーバーヒートすることはあまりない。


 ステージに慣れていないころは、スピードギアが本当に重宝する。周りが遅くなるだけではなく、ロックマン自身の動作も緩やかになるので、敵の攻撃やギミックをかわすのが楽になるからだ。しかも、スピードギア中は、いわばスローモーションのような状態になるので、ただギミックをスライディングやジャンプで突破しただけなのに、妙なカッコよさが生まれ、スーパープレイをしたかのような錯覚に陥ることも。



 パワーギアは、ロックバスターの連射が高まり、 チャージショットダブルチャージショットへと進化するので、ステージに慣れてくるとこちらのほうが使い勝手がよくなるかもしれない。ステージ中では、スピードギアに頼る場面が多かったが、ボス戦では、ダメージ効率が大幅に上がるので、こちらを意識して使うようにした。パワーギアの発動中は、特殊武器も強化されるので、ギアと特殊武器をうまく使いこなせれば、ボススムーズに倒すことも可だ。


 慣れてくると、スピードギアギミックをかわし、パワーギアで待ち受ける敵をせん滅することもできる。こういったギアの切り換えを使ったプレイがうまくいくと、“ステージや敵の攻略法を身に付けた”という達成感と爽快感をより一層感じられる。スピードギアスーパープレイをしたかのような錯覚に陥るのと同じで、“ジャンプして避けてチャージショットを撃つ”という動作にギアの切り換えを挟むだけで、プレイが生まれる。プレイを魅せプレイへと変身させる、魔法のような新要素だと思った。



 ダブルギアは、今回の試遊では一度だけ発動することができた。このギアは、発動に大きなリスクをともなうものの、スピードギアパワーギアの効果を同時に得ることができ、ダブルチャージショットよりも上位の“ファイナルチャージショット”を放つことができる。攻撃時のエフェクト手、かつ、とてつもない威を持っているが、途中解除できないため、 強制的にオーバーヒートするという弱点がある。しかもほかのギアオーバーヒートと違い、 回復までの時間が長く、攻撃も大幅に低下してしまう。調子に乗ってぶっ放したら、逆にピンチに陥ることも……。まさに諸刃の剣だ。個人的には、残り体が少ないボスへの最後の切り札として使うほうがいいかもしれないと思った。


ベルトコンベアで四苦八苦! ブロックマンステージ


 大小さまざまなブロックが、ロックマンの行く手を阻むステージ灰色で組まれたブロックは、チャージショットでまとめて破壊でき、ちょっとした爽快感を味わえる。


 本ステージのひとつの難所は、 逆方向へと回転するベルトコンべアの背後から破砕機が近づいてくるギミック。前方からはブロックが迫ってくるので、ロックバスターで侵入口を確保し、ジャンプとスライディングで突破していく。そこまで複雑なアクションではないのだが、背後からジリジリと迫る破砕機にが行ってしまいミスが生まれる。ブロックは何個も流れてくるので、スピードギアに頼りっきりだとオーバーヒートしてしまう。破砕機に残機を奪われながらブロック攻略ルート把握してようやく突破できた。「ギアがあってもやっぱりステージの構造をちゃんと理解しないとクリアーはできないんだな」と、しみじみ思った。


 ふたつの難所は、大きなブロックが何個も降ってくる連続ベルトコンベア地帯。降ってくるブロック速度スピードギアで遅くして、それを足場にして上ろうとするのだが、タイミングが合わずに何度も落ちるロックマン。落下をくり返した末、ラッシュコイルが最適と判断。使ってみるとさっきまでの苦労はどこへやら、あっという間に最上部まで到達した。自分に合った突破方法を模索するのが重要だと教えられた気がする。


 先に進むと、念願のボス部屋のが! これを見るとホッとしちゃう自分がいる(笑)。さぁ本ステージボスブロックマン”の登場だ。かわいらしい見たをしており、ブロックを生成してロックマンの頭上に降らせてくる攻撃が特徴的。ブロックが落下する前にスピードギアとスライディングでかわすようにした。あとで知ったのだが、降ってくるブロックは、特殊武器やロックバスターでも破壊できるようだ。


 ある程度ダメージを与えると、ブロックマンがパワーギアを使って巨大ロボット変身する。本作では、ロックマンだけではなく、敵のボスギアシステム戦闘中に織り交ぜてくる。巨大化するとも野太くなり、迫が増す。ここはパワーギアで胸の弱点らしき部位を狙い撃ちした。


 ブロックマンの体が残りわずかになると、パワーギアが解けてもとの姿に。ここからは、ブロックマンが最後の奮闘を見せる。ステージの右端に移動し、とにかくブロックを投げる! まるでイエローデビルが分離して移動するかのごとく、数のブロックがつぎつぎとロックマンがけて飛んでくる。あまりの猛攻に避け切れずに、最後はダメージ覚悟でチャージショットを連射してなんとか倒した。


流れる電流におっかなびっくり! ヒューズマンステージ


  電流やスパークといった、電気に関係するギミックメインステージ。上下左右に移動するヒューズから放たれる電流をかわしながら、先に進んでいくことになるのだが、今回の試遊では上手く避けることができず……。スピードギアを使ってダメージを受けながらややゴリ押し気味に進んでいた(汗)。




 巨大なメットールっぽい中ボスとの戦いでは、天井に設置されたヒューズからつぎつぎと電流が発生。どこに電流が走るかはあらかじめ表示されるのだが、中ボスの攻撃に気を取られてしまい、喰らうことが多かった。


 ようやくヒューズマンが登場! 頭身が高いイケメンタイプボスだ。ヒューズマン戦では、本体がくり出す高圧電流弾に加え、ステージの背面に設置された電線を流れる電気にも注意を払わなければならない。つねに動き回って攻撃するヒューズマンと、背面を流れる電気の波状攻撃に圧倒されっ放しだった。


 苦戦しながらも意外と健闘していたようで、気づければヒューズマンの体が半分に。「よしイケる!」と思った矢先に、ヒューズマンがスピードギアを発動しパワーアップ! あまりの速さにヒィヒィ言いながらオーバーヒート覚悟でスピードギアを発動し、あと一歩というところまで追い詰めた。


 ここからはヒューズマンが最後の猛攻を仕掛けてくる。背後の電線の形が切り換わり、電気の流れが変化。さらに、ヒューズマンが放つ高圧電流弾が倍に増加。く決着を付けたくてもヒューズマンと背面にある電気まぐるしく動き回るため、避けるだけで手一杯。気づけばロックマンの体も残りわずかに。このままでは逆に倒されてしまうので、一か八かでダブルギアを発動。ヒューズマンが地上に降りてきた間を狙って、ファイナルチャージショット叩き込み、からくも勝利した。


新要素があっても油断できない難しさ、これぞ『ロックマン』!


 新要素のダブルギアシステムは、テンポよく使うことができ、どんなプレイヤーアクションにもを添えてくれる。だが、ステージボスの特徴を把握しないとギアを使っても返り討ちに合うことも多い。新たなシステムを導入しても、難所や強敵の突破方法を模索し、攻略法を確立するという『ロックマンシリーズが元来持ち続けているよさがしっかりと受け継がれているので、過去シリーズを遊んだことがあるファンでも納得のゲーム内容だと思う。もちろん、難度選択やサポートも充実しているので、「アクションが苦手」「『ロックマン』を遊んだことがない」というプレイヤーでも本作のおもしろさを実感してもらえるはずだ。





(C)CAPCOM CO., LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED.