広瀬すず6月8日インタグラム更新。15年6月開された映画diary」のオーディション中に撮影した写真開している。

 写真現在よりもあどけなさが残る広瀬ワンショットで映し、モノクロ加工された1枚。本文には「4年半前のオーディション中の写真」とあるように、オーディションは13年末から14年の初めに撮られた写真のようだ。また、「わたしの最初の場所」とも書かれているように、当時の広瀬は芸デビューこそしていたものの、まだ女優としてのを歩み始めたばかり。ブレイク前の時期にあたる。

 しかし、写真広瀬は文句なしに可らしく、この時からすでにキラキラくものが感じられる。そのためファンからも「やっぱりだけど、普通可愛いな」「この時からオーラが出てるね」「これだけ可らしかったら、そりゃ売れるよね」といったコメントが多く見受けられている。

「同作で広瀬は、綾瀬はるか長澤まさみ夏帆と4姉妹役を演じていますが、当然この4人の中ではまだ名の存在でした。監督にとっても広瀬キャスティングしたことは冒険だったことでしょう。それでも、監督を務めた是枝裕和氏はオーディション広瀬を見た際『(広瀬すずはもう、来た間に『ああ、すずだな』って感じだった』と、末浅野すず役にピッタリだと一見た時に感じたようです」(エンタメライター

 オーディション後の14年5月には、結婚情報誌「ゼクシィ」の7代CMガールに選ばれて、広く世間に知られるようになった広瀬。その後はトントン拍子に実績を上げ、同作開前の15年1月にはドラマ学校カイダン」(日本テレビ系)で、連ドラヒロインに抜されている。さすがパルムドール監督是枝氏の見るは間違ってなかったようだ。

本多ヒロシ

アサジョ