いよいよ明日14日、2018 FIFAワールドカップ ロシアが開幕する。今大会では、初の試みとしてビデオアシスタント・レフェリー制(VAR)を導入。ドイツブンデスリーガを始め、欧州で続々と実践導入されているVARの基本的な情報をおさらいする。

■VARとは?

 このシステムは、試合を決定づけるプレーが行われた際に、審がビデオ判定を用いてジャッジをするものである。

 サッカーの試合はに、ピッチ上でを吹く審(1人)と、サイドライン側でオフサイドスローインの判定を行う副審(2人)で試合を裁くことになる。しかし試合中、審判の死でラフプレーが行われたり、誤った判定が行われることがある。このようなことを防ぐため、そして審をサポートするために導入されたのがVARだ。

 ロシアW杯で導入されるVARでは、審判1人、アシスタント・レフェリー3人、リプレーペレーター4人が、スタジアム外でつねに数台のモニターで試合を監視しており、ビデオ判定を行うべきだと判断した時に審に伝える。また、審が重大な判定ミスを行なった、あるいは見逃してしまった場合はVARビデオ判定をめることができる。その後、当該シーンピッチ外にあるモニター審が確認し、めて判定を下すことができるのだ。

 なお、ビデオチェックに使われた時間はアディショナルタイムに加算されるので、審判はある程度時間をかけて正確に判断できるようになる。

■対となるシーン

 VARはすべての判定に用いられるものではなく、以下の4つの場面でしか活用されない。

ゴール判定…ボールがきちんとゴールラインを割ったか、クロスボールラインを割っていないか等、試合に直接大きく影する場面。

・PK判定…ペナルティエリア内でのファールが、PKを与えるのに値するプレーかどうか不明確な場面。

一発退場…一発レッドカードに値するファールだったかどうか不明確な場面。

・選手への処分…審が選手を注意したり退場処分にした際、その処分が正しかったどうか不明確な場面。

■大モニターでの周知

 VARによる判定が行われた際、スタジアム内に設置されている大モニターにその模様が映し出される。モニターでは、問題のシーン審判ビデオ確認をしている最中の映像などが流れ、判定が変わった場合には、めてその情報がスタジアムにいる観客に伝えられる。

 大まかにVARを説明すると、上記のようなものになる。W杯を観戦する際は、選手や監督だけでなく、こういった新システムに注してみるのも楽しいかもしれない。

W杯で導入されるVAR [写真]=Getty Images