“軽業師”が西野体制初勝利に貢献

 日本代表MF乾貴士は、現地時間12日の際親善試合パラグアイ戦(4-2)で2ゴールを挙げ、西野監督の下での初勝利に貢献した。間もなく開幕するロシアワールドカップW杯)で日本救世主となりうるアタッカーの大活躍に、来季から加入するベティスの地元も「彼は代表で重要な役割を担っている」と注した。

 は、パラグアイ相手に慣れ親しんだ2列の左サイドきを放った。前半こそ決定機でシュートを大きく外したが、後半に入って元セレッソ大阪コンビエンジン全開。MF香川真司と抜群のコンビネーションを発揮し、ゴールネットを次々と揺らした。

 西野体制発足後231分目に、初の歓喜の間が訪れる。後半6分、香川とのパス交換からカットインし、コントロールされた右足ミドルでゴール右へと流し込んだ。これで同点に追いつくと、同18分には右サイドからのパスを香川が右足アウトで後ろに流し、そこに走り込んだが再び右足を振り抜き勝ち越しゴールを奪った。

 その後、香川などの追加点で勝利を収めたが、ロシアW杯出場選手で最軽量59kgの“軽業師”の活躍は、3シーズンにわたってプレーしてきたスペイン内にもすぐに広まった。


W杯で“ベティコ”のハートをつかむ活躍を

 今季のリーガ・エスパニョーラでは34試合出場5得点を挙げ、スペイン内でも評価を上げた。来季からはエイバルを後にし、名門ベティスの一員となる。そのおひざ元であるセビリアの地元メディアエル・コレオ」は、「W杯直前のテストマッチイヌイが2ゴールマーク」と“ゴラッソ”を詳細に伝え、このようにも記した。

日本がパラグアイを4-2で下したというニュースは、ベティスにとっても関連性が大きい。なぜなら試合の役だったのは、タカシイヌイだったからだ。ヴェルディブランコ、ベティスのチームカラー)のフットボーラーは、2ゴールマークし、代表で重要な役割を担っている。そして全治数週間と言われたケガも回復し、ロシアでのスタメンに名乗りを挙げることにもつながった」

 リーガの名門であり、そのサポーターは熱狂的な応援で知られる。W杯で活躍すれば、本拠地ベニートビジャマリンのお披露前からベティコ(ベティサポーター)のハートをつかむことになりそうだ。


Football ZONE web編集部)

パラグアイ戦で2ゴールを挙げた乾を、新天地のベティス地元紙も注目している【写真:Getty Images】