ベトナム各地では10日、特別経済区建設などをめぐって、中国マネーの流入に反対する市民が大規模な抗議デモを行った。英フィナンシャルタイムズなど複数のメディアが11日伝えた。

ベトナムソーシャルメディア投稿された書き込みや写真によると、同首都ハノイと南部都市のホーチミンなど各地で、デモ参加者が横断幕を掲げ、「中国は出ていけ」「中国は要らない」とのスローガンを叫びながら、進行した。

政府は、北部や中部南部のフーコックで特別経済区の建設を計画しており、外国人投資に対して99年間の土地租借を認可する。

FTによると、現地住民は中国による99年間の土地租借を認めれば、ベトナム権が侵される可性があるとして反対を示した。ベトナム政府は、住民らの抗議を受けて、特別経済特区設立をめぐる関連法案の立法を延期することにしたという。

ベトナム中国は、南シナの一部のに関してそれぞれ領有権をしているため、ベトナムでは近年、反中感情が高まっている。

2014年5月、同各地では、中国企業が南シナでの石油掘削活動を抗議する大規模なデモが発生した。抗議者らがその後暴徒化し、中国系や台湾系の店舗を破壊し、放火した。一部のメディアによると、抗議デモの影で、約16人の中国人死亡した。

翻訳編集・哲)